カテゴリ

最新記事

プロフィール

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま!ようこそ!!このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
■ 目次 ■ 有名絵画(アート)の美術館
有名絵画(アート)美術館


■目次 有名絵画(アート)の美術館

_______________________________

■巨匠の美術館(所蔵している画家一覧)

15世紀~16世紀

【 ル ネ サ ン ス 美 術 】

~主な画家~
○ボッティチェリ
○ダヴィンチ
○ミケランジェロ
○ラファエロ


_______________________________


17世紀~18世紀

【 バ ロ ッ ク 美 術 】

~主な画家~
○ブリューゲル
○ルーベンス
○レンブラント
○フェルメール
○ジョルジュ・ド・ラトゥール


【 ロ コ コ 美 術 】

~主な画家~
○フラゴナール


【 ア カ デ ミ ッ ク 】

○ブグロー



【ラファエル前派】

○ミレイ


_______________________________


19世紀~20世紀

【 新 古 典 主 義 】

~主な画家~
○ダヴィッド
○アングル
○ブグロー



【 ロ マ ン 主 義 】

~主な画家~
○ドラクロワ

○コンスタブル

○ターナー
○ゴヤ

【 写 実 主 義 】

~主な画家~
○ミレー

○アンリ・ファンタン・ラトゥール

○コロー

○クールベ


【 印 象 派 】

~主な画家~
○モネ

○ルノアール

○ドガ
○マネ

○ピサロ

○シスレー

○ホイッスラー

○ベルト・モリゾ

○ギヨマン



【 新 印 象 派 】

~主な画家~

○スーラ


【 後 期 印 象 派 】

~主な画家~

○ゴッホ
○ゴーギャン

○セザンヌ

○ロートレック



【 象 徴 主 義 】

~主な画家~

○クリムト
○ルドン

_______________________________


20世紀~

~主な画家~
○モディリアーニ
○カンディンスキー

_______________________________


■主な複製画の技法:巨匠の作品をあなたのお部屋に飾ろう!

○複製画の技法について
○お勧め複製画販売ショップ


_______________________________


■美術館情報:巨匠の作品を実際に観に行こう♪

~アメリカ~
○【ワシントン・ナショナル・ギャラリー】National Gallery of Art
○【フィラデルフィア美術館】The Philadelphia Museum of Art
○【ニューヨーク近代美術館】The Museum of Modern Art, New York(MoMA)
○【シカゴ美術館】The Art Institute of Chicago
○【メトロポリタン美術館】The Metropolitan Museum of Art(The Met)
○【ボストン美術館】Museum of Fine Arts, Boston

~フランス~
○【オルセー美術館】Mus醇Pe d'Orsay
○【ルーヴル美術館】Mus醇Pe du Louvre

~オランダ~
○【アムステルダム国立美術館】Rijksmuseum Amsterdam
○【マウリッツハイス美術館】 Mauritshuis


~ドイツ~
○【アルテ・ピナコテーク】Alte Pinakothek

~アイルランド~
○【アイルランド国立美術館】National Museum of Ireland

~スウェーデン~
○【ストックホルム国立美術館】

~オーストラリア~
○【ウィーン美術史美術館】Kunsthistorisches Museum, Wien
○【ヴィクトリア国立美術館】National Gallery of Victoria

~ロシア~
○【エルミタージュ美術館】Государственный Эрмитаж


~イタリア~
○【ローマ国立美術館】Museo Nazionale Romano




~イギリス~
○【ロンドン・ナショナル・ギャラリー】 The National Gallery, London
○【スコットランド国立美術館】National Museums Scotland

_______________________________




スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

シュザンヌ・ヴァラドンと関係があった画家たち
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日のテーマは「シュザンヌ・ヴァラドン」です。

彼女の名前を聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。
有名モデル?画家ユトリロの母?それともロートレックの元カノ?画家?
いろんな一面を持っているシュザンヌです。

実は、シュザンヌという名前ですが、ロートレックが最初に「シュザンヌ」と呼びはじめました。

10代の頃はモデルとして、モンマルトルに集まる画家たちのモデルを沢山つとめました。
なかでも有名なのが、ルノワールの「ヴージヴァルのダンス」のモデルです。

ブージヴァルのダンス ルノワール
ルノアールブージヴァルのダンス
所蔵:ボストン美術館
制作年:1883年
原画サイズ:181×98cm

ルノワールとはシュザンヌが16歳の頃、愛人関係にあったとも言われています。

シュザンヌはモデルそして画家として一生を生きる事を決めます。
18歳の時、のちに画家となるユトリロを身ごもりましたが、それが誰の子かも明かしませんでした。
その頃モンマルトルに沢山の画家が集まっており、そのなかでシュザンヌは大人気でした。
一体、誰の子だったのか・・・

そんな謎は放っておいて、シュザンヌはモンマルトルで大人気のモデルとして、そして画家として
そして女性として生きていきます。子供を育てる事や母として生きる事に興味がなかったのかもしれません。
子育ては実母に任せっきりだったそうです。

子供(ユトリロ)が産まれたあと1886年頃画家ロートレックと3年間付き合っていたことも。
ロートレックはシュザンヌがあまりにも身勝手で女性として愛想をふりまきすぎているのが許せなくて3年で別れたそうです。

ロートレック 洗濯女
ロートレック洗濯女】 
制作年:1884年 
原画サイズ:93×75cm
所蔵:個人所蔵

この作品に描かれている女性がシュザンヌではないかと言われています。
洗濯女は当時人気のあった画家のテーマです。

月日は流れシュザンヌが44歳のときに、ユッテルという画家との恋愛が始まります。
ユッテルはシュザンヌの息子ユトリロの友人でした。
ユトリロが友達として連れてきた子と恋に落ちる。なんという母親。
その恋もいずれは終わってしまうのですが、恋愛中はユトリロも其の様子を見ながら一緒に過ごしていたので
非常に複雑な想いを持ち続け、同時に孤独感も感じ
気持ち的に病んでいきました。
その病んだ気持ちを払拭するためにアルコールに溺れました。
ユトリロも可哀想な子だったのかもしれません。
その悲しさが作品にも表れているようです。

ドゥーユ村の教会 ロートレック
ユトリロドゥーユ村の教会
1912年 原画サイズ(69×52cm) 
所蔵:個人

エドガー・ドガは画家としてシュザンヌのことを評価していました。
ドガのもとで絵画と版画を学んでいた時期もあります。

シュザンヌは一体どれだけの人と関係があったのでしょうか。
息子ユトリロがアルコール依存になるのも少しわかるような気がします。
最後まで女として生き続けたシュザンヌ。
たくさんの画家たちに描かれてきたシュザンヌ。
それも一つの生き方、彼女が貫いた生き方ですね。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

モネ「日傘をさす女」のモデルは義理の娘だった!
絵画ファンの皆さま、こんにちは〜
今日はクロード・モネのお話です。

モネが描く「日傘をさす女」という有名な作品があります。
この作品は似たような構図で描かれた作品が複数ありますが、
それぞれ描かれているモデルが違うのです。

日傘をさす女 モネ
モネ日傘をさす女
制作年:1886年
作品サイズ:131×88cm
所蔵:オルセー美術館


モネ 日傘をさす女
モネ日傘をさす女
制作年:1886年
作品サイズ:131×88cm
所蔵:オルセー美術館


こちらの作品のモデルは義理の娘シュザンヌ
モネには義理の娘のモデルが4人いて、そのなかでもシュザンヌが一番お気に入りでした。
義理の娘というのは、モネの再婚相手であるアリスの連れ子のこと。

ちなみに、アリスの連れ子であるブランシュ(次女)はモネの影響か、画家になりました。
ブランシュはモネの実の子であるジャンと後に結婚するのです!
なんという複雑な状況・・・

ブランシュの描く作品は、モネの画風そのもの。
モネが描いたのではないかと思う程です。
義父の影響ってすごいですね。


モネ 日傘をさす女 カミーユ
モネ日傘をさす女(妻カミーユ)
制作年:1875年
原画サイズ:100×81cm
所蔵:ワシントンナショナルギャラリー

こちらのモデルはモネの最初の妻カミーユ。
そして一緒に描かれている子供は息子のジャン。

こちらの作品では、妻カミーユの顔がしっかりと描かれていますが、
その後に描かれた2作品では、シュザンヌの顔は描かれていません。
この差はとても大きい気がします。

上で紹介した3作品はほぼ同じ構図で描かれていますが、実はモデルが違っていたのです。
そして込めている想いも違う気がします。
やはり妻カミーユと息子ジャンを描いた作品には想いが余計に詰まっている気がします。


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

名古屋ボストン美術館 ルノワール展が本日最終日!!!
ルノワール展 名古屋ボストン美術館 5


絵画ファンのみなさま!こんにちは〜
毎日本当に暑いあつい...ですね。

ところで本日2016年8月21日は、名古屋ボストン美術館で開催されている
ルノワールの時代-近代ヨーロッパの光と影-
の開催最終日なのです!
というわけで、どれほど賑わっているかを視察に行ってきましたよ!

ルノワール展 名古屋ボストン美術館 6

名古屋ボストン美術館の入り口の様子です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影
会期:2016年3月19日(土曜ー8月21日(日曜
会場:名古屋ボストン美術館 
公式サイト:http://www.nagoya-boston.or.jp

ルノワールの「ブージヴァルのダンス」が目玉作品でした!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ルノワール展 名古屋ボストン美術館 3

↑美術館入り口にはゴーギャンの「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」が飾られていました。

ルノワール展 名古屋ボストン美術館 7
↑パンフレットです!(表)

ルノワール展 パンフレット
↑パンフレットです!(裏)

ルノワール展 名古屋ボストン美術館 2
↑美術館は3階が入り口でした。
3階の入り口に、これがありました!!
顔を入れるとルノワールとのツーショットが撮れますよ!


ルノワール展 名古屋ボストン美術館 1
↑そしてこれ!人形!?
ヴージヴァルのダンス」の再現、リアルな感じでした〜


肝心の混雑具合ですが、本日は閉館が16時半だったのですが、
私は16時に会場に到着しました。

最後の最後に観たい!というお客様も多いのかなと思いましたが、
すでに混雑は解消されておりスムーズに観ることができました^^

本日でルノワール展もおわり。
そして2019年3月末までに閉館が決まっている、名古屋ボストン美術館。

ちょっぴり寂しい気持ちになりました。。。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

妻ひと筋のボナール
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日はピエール・ボナールについてのお話です。

ピエール・ボナールはフランス出身、ナビ派の画家。
ちょっと変わり者の画家と言われています。

というのも、ボナールが描く女性モデルはほぼ全て”妻”だったのです。
そしてその妻となるマルトとの結婚までに、同棲を32年間もしていたというから驚き!
つまり、ボナールが26歳のとき、マルトが24歳のときに出会って、
その後32年間同棲をし、ようやく1925年ボナール58歳、マルト56歳のときに結婚したのです。
それから17年間の結婚生活が続きました。

ボナールはナビ派の画家でしたが、このマルトと出会ってからナビ派を脱退します。
そしてマルトをモデルにした作品と、その他の風景画しか描かなくなるのです。

ナビ派の頃はゴーギャンからの影響をもろに受けて、また日本芸術の影響も受けていましたので
掛け軸のような縦長で、かつ平面的な切り取られた色彩の作品を多く残していました。


しかしマルトと出会ってからはガラッと作風が変わります。

浴槽の裸婦 ボナール
ピエール・ボナール浴槽の裸婦
制作年:1936-37年 
原画サイズ:147×93cm
所蔵:パリ市立近代美術館

晩年に描かれたこの作品はカラフルな色合いで描かれた作品で、この頃から印象派に近いような雰囲気の作品を多く描くようになりました。
描かれているのはもちろんボナールの妻マルト。
マルトは神経症に悩まされていて、その影響で一日に何度もお風呂に入るという影響がありました。
しかし、それをボナールは温かく見守り絵画のモデルにしたのです。
女性の裸婦像を多く描き残しているのはその為です。

奥様にとっても、ボナールにとっても幸せな事ですよね。
ボナールのモデルを献身的に務めてくれた妻マルト。
そして精神病を煩っている妻を温かく包んだボナール。
32年間という長い同棲は不思議ではありますが、その間別れる事もなくやがて結婚し
その後も添い遂げるという愛。
素晴らしいと思います。

ちなみに、ボナール自身の自画像を載せておきますね↓

自画像 ボナール
ピエール・ボナール自画像
制作年:1889年 
原画サイズ:21.5×15.8cm
所蔵:個人所蔵

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術