カテゴリ

最新記事

プロフィール

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま!ようこそ!!このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 目次 ■ 有名絵画(アート)の美術館
有名絵画(アート)美術館


■目次 有名絵画(アート)の美術館

_______________________________

■巨匠の美術館(所蔵している画家一覧)

15世紀~16世紀

【 ル ネ サ ン ス 美 術 】

~主な画家~
○ボッティチェリ
○ダヴィンチ
○ミケランジェロ
○ラファエロ


_______________________________


17世紀~18世紀

【 バ ロ ッ ク 美 術 】

~主な画家~
○ブリューゲル
○ルーベンス
○レンブラント
○フェルメール
○ジョルジュ・ド・ラトゥール


【 ロ コ コ 美 術 】

~主な画家~
○フラゴナール


【 ア カ デ ミ ッ ク 】

○ブグロー



【ラファエル前派】

○ミレイ


_______________________________


19世紀~20世紀

【 新 古 典 主 義 】

~主な画家~
○ダヴィッド
○アングル
○ブグロー



【 ロ マ ン 主 義 】

~主な画家~
○ドラクロワ

○コンスタブル

○ターナー
○ゴヤ

【 写 実 主 義 】

~主な画家~
○ミレー

○アンリ・ファンタン・ラトゥール

○コロー

○クールベ


【 印 象 派 】

~主な画家~
○モネ

○ルノアール

○ドガ
○マネ

○ピサロ

○シスレー

○ホイッスラー

○ベルト・モリゾ

○ギヨマン



【 新 印 象 派 】

~主な画家~

○スーラ


【 後 期 印 象 派 】

~主な画家~

○ゴッホ
○ゴーギャン

○セザンヌ

○ロートレック



【 象 徴 主 義 】

~主な画家~

○クリムト
○ルドン

_______________________________


20世紀~

~主な画家~
○モディリアーニ
○カンディンスキー

_______________________________


■主な複製画の技法:巨匠の作品をあなたのお部屋に飾ろう!

○複製画の技法について
○お勧め複製画販売ショップ


_______________________________


■美術館情報:巨匠の作品を実際に観に行こう♪

~アメリカ~
○【ワシントン・ナショナル・ギャラリー】National Gallery of Art
○【フィラデルフィア美術館】The Philadelphia Museum of Art
○【ニューヨーク近代美術館】The Museum of Modern Art, New York(MoMA)
○【シカゴ美術館】The Art Institute of Chicago
○【メトロポリタン美術館】The Metropolitan Museum of Art(The Met)
○【ボストン美術館】Museum of Fine Arts, Boston

~フランス~
○【オルセー美術館】Mus醇Pe d'Orsay
○【ルーヴル美術館】Mus醇Pe du Louvre

~オランダ~
○【アムステルダム国立美術館】Rijksmuseum Amsterdam
○【マウリッツハイス美術館】 Mauritshuis


~ドイツ~
○【アルテ・ピナコテーク】Alte Pinakothek

~アイルランド~
○【アイルランド国立美術館】National Museum of Ireland

~スウェーデン~
○【ストックホルム国立美術館】

~オーストラリア~
○【ウィーン美術史美術館】Kunsthistorisches Museum, Wien
○【ヴィクトリア国立美術館】National Gallery of Victoria

~ロシア~
○【エルミタージュ美術館】Государственный Эрмитаж


~イタリア~
○【ローマ国立美術館】Museo Nazionale Romano




~イギリス~
○【ロンドン・ナショナル・ギャラリー】 The National Gallery, London
○【スコットランド国立美術館】National Museums Scotland

_______________________________




スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

私の2016年の作品はコレ!!!
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は12月29日、今年も残すところあと3日です。

あぁーー1年が過ぎるのは早い!!とみんながきっと思うことでしょう。
でも振り返るとこの1年もいろんな事が起こり、
決してさらっと過ぎ去ったわけではないなと思います。

改めて1年を振り返ると、今年1年で一番お客様からお問い合わせ頂いた作品、
カラヴァッジョ展が今年3月から東京で開催されていましたが、
その影響かこの作品へのお問い合わせを多く頂きました。

法悦のマグダラのマリア  カラヴァッジョ
カラヴァッジョ法悦のマグダラのマリア
制作年:1606年
所蔵:個人所蔵


この作品、世界初公開だったんですよね〜
それまではこの作品がカラヴァッジョの真筆かどうかが判断されていなかったのです。
それがようやく真筆だと判断され、それから世界で初めて公開になった作品だからです。

私の2016年の作品はこれですね!
皆さまの今年の1枚はどの作品でしょうか?
またコメント欄にでもコメント頂ければ嬉しいです♪

それでは良いお年をお迎え下さいね!!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

またまた写真パシャリ!ターナー作品みたいな空
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は私が撮った写真を1枚ご紹介したいと思います。



12月14日の記事ターナーの「色の始まり」を連想する朝焼けの風景をご紹介しました。


その記事に関連するのですが、本日飛行機に乗ったときに
機内からとっても美しい写真が撮れたのでご紹介したいと思います。

色の始まり ターナー

どうでしょうか!?とっても美しいグラデーションですよね!
それがターナーの「色の始まり」にとても似ていたので嬉しくなってまた撮ってしまいました。


ターナー 色の始まり


ウィリアム・ターナー色の始まり

美しいグラデーションの空を見ると、いつもターナーの作品の事を思い出してしまいます。
美しいものを見て絵画を想像する、なんだか良い気分です♪



☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

クリスマスっぽい絵画は?ルノワールのアノ作品!!
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は12月23日、明日がクリスマスイブ、明後日がクリスマスですね〜。

実は私は、幼い頃からクリスマスを祝う習慣がなく、
いわゆる”日本のクリスマス”の過ごし方をしたことがありません。
チキンを食べたり、ケーキを食べたり、プレゼントもらったり・・・
日本的なクリスマスの過ごし方ですよね。

私はそういう習慣がなく育ちましたので、クリスマスの盛り上がりがイマイチ
ピンと来ないんです。

でも街のイルミネーションがキラキラと光っていたりすると
気分も盛り上がりますし、いい感じだな〜と思っています。

ところで、クリスマスと言えばどんな作品を思い出しますでしょうか?
聖母マリア様を描いた作品や、冬景色を描いた作品・・・たくさんあります。

私の場合は、この作品を連想しますね。

ルノワール ばら
ルノワールばら

赤と緑がクリスマスカラーで素敵です!!!
クリスマスと言えばこの作品だな、と勝手に思っているのです。

皆さまはどのようにお過ごしになるのでしょうか。
私は…普段通りお仕事をしてすごしますよ!!

それではまた明日♪

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

真珠の首飾りの少女は実は存在しない!!
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日はみんなが大好きフェルメールのお話です。

フェルメールの作品と言えば?と聞くと
大抵の人が「真珠の首飾りの少女」(別名:青いターバンの少女)と答えるのではないでしょうか。
それくらい有名なフェルメールの代表作です。

描かれている少女が美しくて引き込まれそうだ、と言われますが
実は・・・この少女は実在しなかった!!のです。
フェルメールの想像で描かれたってご存知でしたか?

当時17世紀のオランダでは「トローニー」というジャンルの作品が流行りました。
トローニーとは、人物画の首から上の部分を描く練習のようなもの
現実には存在しない人の首から上の部分を描いていました。
だから模写ではなく、上手に人の顔を描く練習という漢字ですかね。

フェルメール「真珠の首飾りの少女」もそのうちの1作品で、
フェルメールが想像して美しい少女を描いたのです。

なーんだ!!そうだったのか、と思われた方も多いと思います。
絵があまりにも有名になりすぎて、その描かれた人物が誰なのかとか
考える時も無かったのではないでしょうか。

真珠の首飾りの少女 青いターバンの少女 フェルメール
フェルメール真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)】

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。