カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 目次 ■ 有名絵画(アート)の美術館
有名絵画(アート)美術館


■目次 有名絵画(アート)の美術館

_______________________________

■巨匠の美術館(所蔵している画家一覧)

15世紀~16世紀

【 ル ネ サ ン ス 美 術 】

~主な画家~
○ボッティチェリ
○ダヴィンチ
○ミケランジェロ
○ラファエロ


_______________________________


17世紀~18世紀

【 バ ロ ッ ク 美 術 】

~主な画家~
○ブリューゲル
○ルーベンス
○レンブラント
○フェルメール
○ジョルジュ・ド・ラトゥール


【 ロ コ コ 美 術 】

~主な画家~
○フラゴナール


【 ア カ デ ミ ッ ク 】

○ブグロー



【ラファエル前派】

○ミレイ


_______________________________


19世紀~20世紀

【 新 古 典 主 義 】

~主な画家~
○ダヴィッド
○アングル
○ブグロー



【 ロ マ ン 主 義 】

~主な画家~
○ドラクロワ

○コンスタブル

○ターナー
○ゴヤ

【 写 実 主 義 】

~主な画家~
○ミレー

○アンリ・ファンタン・ラトゥール

○コロー

○クールベ


【 印 象 派 】

~主な画家~
○モネ

○ルノアール

○ドガ
○マネ

○ピサロ

○シスレー

○ホイッスラー

○ベルト・モリゾ

○ギヨマン



【 新 印 象 派 】

~主な画家~

○スーラ


【 後 期 印 象 派 】

~主な画家~

○ゴッホ
○ゴーギャン

○セザンヌ

○ロートレック



【 象 徴 主 義 】

~主な画家~

○クリムト
○ルドン

_______________________________


20世紀~

~主な画家~
○モディリアーニ
○カンディンスキー

_______________________________


■主な複製画の技法:巨匠の作品をあなたのお部屋に飾ろう!

○複製画の技法について
○お勧め複製画販売ショップ


_______________________________


■美術館情報:巨匠の作品を実際に観に行こう♪

~アメリカ~
○【ワシントン・ナショナル・ギャラリー】National Gallery of Art
○【フィラデルフィア美術館】The Philadelphia Museum of Art
○【ニューヨーク近代美術館】The Museum of Modern Art, New York(MoMA)
○【シカゴ美術館】The Art Institute of Chicago
○【メトロポリタン美術館】The Metropolitan Museum of Art(The Met)
○【ボストン美術館】Museum of Fine Arts, Boston

~フランス~
○【オルセー美術館】Mus醇Pe d'Orsay
○【ルーヴル美術館】Mus醇Pe du Louvre

~オランダ~
○【アムステルダム国立美術館】Rijksmuseum Amsterdam
○【マウリッツハイス美術館】 Mauritshuis


~ドイツ~
○【アルテ・ピナコテーク】Alte Pinakothek

~アイルランド~
○【アイルランド国立美術館】National Museum of Ireland

~スウェーデン~
○【ストックホルム国立美術館】

~オーストラリア~
○【ウィーン美術史美術館】Kunsthistorisches Museum, Wien
○【ヴィクトリア国立美術館】National Gallery of Victoria

~ロシア~
○【エルミタージュ美術館】Государственный Эрмитаж


~イタリア~
○【ローマ国立美術館】Museo Nazionale Romano




~イギリス~
○【ロンドン・ナショナル・ギャラリー】 The National Gallery, London
○【スコットランド国立美術館】National Museums Scotland

_______________________________




スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ファン・ゴッホ美術館とコラボ!大型《ゴッホ展》がまもなく開催!
ゴッホ展 札幌 東京 京都

絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は間もなくスタートする大巡回展をご紹介します。

その名も【ゴッホ展 巡りゆく日本の夢】
札幌会場から始まり、その後東京、そして京都と続きます。
まずは美術展の概要からご紹介しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

公式サイト:http://gogh-japan.jp

【札幌展】
会期:2017年8月26日(土)〜10月15日(日)
会場:北海道立近代美術館 http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/

【東京展】
会期:2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)
会場:東京都美術館 http://www.tobikan.jp/

【京都展】
会期:2018年1月20日(土)〜3月4日(日)
会場:京都国立近代美術館 http://www.momak.go.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回のゴッホ展のスゴいところ。
それは”ファン・ゴッホ美術館”との共同開催!ということ。
日本での開催が終了すれば、その後本国オランダでも開催されるという
共同企画の美術展なのです。

6年前の2011年からこの美術展の企画をはじめ、
日本とオランダ両国で、開催に関しての企画をずっとずっとすすめてきたそうです。

やっぱりゴッホにとって、それだけ日本は特別な国。
浮世絵に影響を受けて、そこから自身の作品に浮世絵の要素を取り入れ、
そして日本という国への憧れがどんどん高まりました。

南フランスのアルルという土地が、日本に似ているという情報から、
アルルに移住することを決めたゴッホ。
アルルの地での作品制作活動はとても順調で、1888年には何百枚もの作品を描き残しました。

「アルルの地=憧れの日本」だったゴッホ。
ゴッホにとってアルルの地はどこの景色を取っても憧れの日本そのものだったのです。

そんなゴッホが、憧れの地日本を夢見て描いたアルルの地。
今回はそのアルルの地を描いた作品を数点ご紹介します。
もちろん、今回ゴッホ展で展示される作品ですよ!

アイリスの咲くアルル風景 ゴッホ
フィンセント・ファン・ゴッホアイリスの咲くアルル風景
制作年:1888年
所蔵:ファン・ゴッホ美術館

ゴッホはアイリスの花が好きだったのでしょうか。
アイリスをテーマにした作品を多く残しています。
アイリスの紫色の花、そして黄金色の畑、そういった色合いと日本を重ね合わせていたそうです。


ゴッホ 冬景色
フィンセント・ファン・ゴッホ雪景色
制作年:1888年
所蔵:個人蔵

この作品は南仏アルルで描かれた風景画です。
ゴッホは憧れの日本がアルルと似ていると思い込み、アルルへ移住する事にします。


以上、2点ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
ゴッホがアルルの風景を描いた作品はまだまだあります。
アルルの地への思いが伝わってきます。

それではまだまだ暑い日が続きますが、この「ゴッホ展」を楽しみに、
暑い夏を乗り切りましょうね!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ボストン美術館の至宝展―東西の名品、珠玉のコレクション
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

寝苦しい夜がほとんどですが、たまーに夜に涼しい風が吹いていて
あぁ涼しいな〜風が気持ちいいな、と思える瞬間あります。

ところで、子供達は夏休みに入りましたね!
そんな時期にピッタリの大型の巡回展をご紹介します。
まずは概要から。

ボストン美術館展 


******************************

ボストン美術館の至宝展―東西の名品、珠玉のコレクション

東京会場:東京都美術館 (http://www.tobikan.jp)
会期:2017年7月20日(木)~10月9日(月・祝)
公式サイト:http://boston2017-18.jp

※東京会場の会期終了後には、神戸、名古屋と場所を移します

******************************


さて、ボストン美術館と言えばアメリカを代表する美術館。
今回はそのボストン美術館が所蔵する美術品が約80点やってきています。

具体的にはどんな作品が展示されるのでしょうか。
古代エジプト美術、中国美術、そして馴染み深いフランス絵画、そして版画や現代美術まで
幅広く展示されています。


中でも、今回の美術展の目玉は、ゴッホの作品。
ゴッホと親交の深かったルーラン夫妻をご存知でしょうか。

ゴッホはルーラン夫妻と友人で、二人の肖像画をよく描いていました。
今回はその夫婦をそれぞれ描いた肖像画が一緒に来日!

早速その作品画像をご覧頂きましょう。

郵便配達人 ジョゼフ・ルーラン ゴッホ
フィンセント・ファン・ゴッホ郵便配達人 ジョゼフ・ルーラン
制作年:1888年
原画サイズ:81.3cm×65.4cm
所蔵:ボストン美術館

子守唄、ゆりかごを揺らす オーギュスティーヌ・ルーラン夫人 ゴッホ
フィンセント・ファン・ゴッホ子守唄、ゆりかごを揺らす オーギュスティーヌ・ルーラン夫人
制作年:1889年
原画サイズ:
所蔵:ボストン美術館



この他にも、クロード・モネの代表作である【睡蓮】や【ルーアン大聖堂】、
ポール・セザンヌが描く果物の静物画、
フランソワ・ミレーエドガー・ドガという豪華な画家の作品も展示されます。

夏の暑い時期に、涼しい美術館で美しい作品をゆっくり観る。
最高の過ごし方ではないでしょうか。


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

母の日や父の日に、絵画を贈りたい!
絵画ファンの皆さま、こんにちは!

4月も中旬、そろそろ母の日や父の日の贈りものを考える時期になってきました。
私は、毎年絵画をプレゼントするようにしています。

一度、父親に肖像画をプレゼントしたときには、
「似過ぎて怖い」と言われました…(°_°)

今年も絵画をプレゼントする予定ですが、せっかくなので皆さんと情報をシェアして
どんな作品がふさわしいのかを観ていけたらと思います。

まずはこれ、
『お花の絵』は定番の人気!

やっぱりお花は不動の人気です!
いつの時代もお花をもらって嬉しくない人はいませんよね、きっと。


ルノワール 花瓶にはいったバラとジャスミン ルノアール

ルノアール花瓶にはいったバラとジャスミン
原画サイズ:81.5×65cm
制作年:1881年
所蔵:エルミタージュ美術館

19世紀の印象派の代表画家として有名なルノアール。「花を描いたら右に出る画家はいない」と賞賛されるほどの彼は、生涯を通して花を描き続けました。この作品は、花瓶の生けられたばらとジャスミンの花を描いたもの。淡く優しい色合いのピンクのばらが美しい作品です。



そして・・・
『母の愛情を感じられる絵』も素敵です!


母の愛撫 メアリーカサット アート名画館

メアリー・カサット母の愛撫
制作年:1896年頃
所蔵:フィラデルフィア美術館

1845年アメリカ生まれの女流画家メアリー・カサット。メアリー・カサットは母と子や少女を主題にして描いた作品を多く描き残していますが、この作品もそのうちの1作品で母親に触れる愛らしい少女を描いた作品です。




さらに・・・
『父の日に贈りたい絵』も!

ナポレオン

ダヴィッドサン・ベルナール峠のナポレオン

1748年生まれ、新古典主義を代表する画家、ジャック=ルイ・ダヴィット。彼の名前を知らなくとも、「ナポレオン」を描いた画家だと言えば分かる人も多いのではないでしょうか。この作品は、ナポレオンが戦いに向かう途中の様子を描いたもの。


そのほかにも沢山のお勧め作品があります。
特集ページを組んでいます↓

「母の日・父の日にオススメの絵画作品はコチラから」


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【大エルミタージュ美術館展】開催中ですよ!!
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は、今大人気の美術展をご紹介したいと思います。

まずは概要から・・・

【大エルミタージュ美術館展】 
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち

会場:森アーツセンターギャラリー
会期:2017年03月18日~2017年06月18日
公式サイト:http://hermitage2017.jp/index.html


ロシアのサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館。
この美術館には世界の名だたる有名画家の作品が約1万7千点所蔵されています。

フランスではオルセー美術館やルーブル美術館が有名ですが、
それに劣らないレベルの美術館だと言えます。

今回そのエルミタージュ美術館所蔵作品が東京に大集結。
ルネサンス期の作品から、バロック、ロココ、そして16世紀の絵画まで
時代を越えた有名作品が集結します。

◎↓展示される作品の一例をご紹介↓◎

鳥罠のある冬景色

ブリューゲル鳥罠のある冬景色
制作年:1615-1620年頃

ブリューゲルが得意とした祖国の典型的な農村風景を描いた作品。
真冬の寒空の下、アイススケート、アイスホッケーなどを楽しむ
民衆の姿が生き生きと描かれて強さを表している作品です。

東京会場は6月18日まで、その後は名古屋2017年7月1日(土)-9月18日(月・祝)、
そして神戸2017年10月3日(火)-2018年1月14日(日)へと会場を移していく大巡回展です!
話題の美術展、ぜひぜひお見逃しなく〜


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。