カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
なぜ、日本人はこんなにも印象派が好きなのか
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は私がずっと感じていた疑問を皆さまに投げてみたいと思います。

「なんで日本人はモネやルノワール等の印象派が好きなんだろう」という疑問。

日本では印象派の画家の美術展が数多く開催されています。
日本のどこかの美術館で、かならず途切れる事がなく印象派の画家の何かの作品は観られると思います。

画家は無数にいて、印象派の画家意外にもすばらしい画家が沢山いますが、
やっぱり印象派の画家が人気です。

なんでこんなにも人気があるのだろうか、と自分で考えてみました。

・・・私なりの回答は「宗教」ではないかなと。
日本人って特別な宗教が無い人が多いと思います。
私は以前留学していたときに、決まって出る話題が宗教でした。
「あの人はキリスト教だ」
「アノ人はイスラム教だ」
「あなたは宗教ある?」
という風に、当たり前のように会話に出てきていました。

印象派の画家が登場する前、ルネサンス期からラファエル前派くらいまでは宗教画が一番だと思われていました。
サロンに出展するにも宗教画が一番素晴らしく価値があると見なされていました。
そういう時代にはやはりイエスキリストをモチーフにして描いたり、聖母子を描いたりする作品が受け入れられていましたよね。

今でもそういう宗教観の強い方はキリストの描かれた作品を好んだりもするかと思いますが
日本人はそういう文化ではありません。

それよりも日本人は自然の風景や明るい光が大好き。
暗い絵よりも明るめの雰囲気の作品が好きな傾向があります。
絵画素人でも受け入れられやすいし馴染みやすいですよね。

印象派の画家は、これまでアトリエで描かれていたのを
戸外に出て描くスタイルに変えた時代。

フランスのちょっと地方の田舎町に出向き、スケッチをする。
そうして描かれた作品が多く現れたのが、印象派の時代でした。

絵画をインテリアとして飾るという点から考えても、
明るい色合いの風景画はとても飾りやすいですよね。
お部屋にさらっと飾るのに、明るい色合いの風景画は飾りやすいです。

そういう日本独特の文化が、印象派の作品を受け入れやすかったのかと思います。

もちろん他にも沢山の理由はあるかと思いますが、
日本人がこんなにも印象派の作品が好きなのには、こういった理由があるのではと思いました。
いかがでしょうか?
他にもアイデアがあれば、是非教えて下さいね!!

最後に・・・せっかくですので
印象派の画家の明るい雰囲気の作品を1点ご紹介しますね!
これで今日も気分明るく1日が過ごせそうです^^


チューリップ畑 オランダ モネ

モネチューリップ畑・オランダ
制作年:1886年 
原画サイズ:81.5×65.5cm
所蔵:オルセー美術館

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

各「印象派展」に出展された、有名作品たちのご紹介
絵画ファンの皆さま、こんにちは!

昨日に引続き、今日も「印象派展」に関しての話題です^^
今日は、第1回から第8回まで開催された各「印象派展」へ出展された作品のご紹介です!!

それでは早速見ていきましょー!

■第1回 印象派展

印象、日の出 モネ

モネ印象、-日の出-
原画サイズ:48 cm x 63 cm
制作年:1872年
所蔵:マルモッタン・モネ美術館

印象派展のはじまりのきっかけとなった作品ですね。




■第2回 印象派展

日傘をさす女 妻カミーユ モネ
モネ日傘をさす女
制作年:1875年 
原画サイズ:100×81㎝
所蔵:ワシントン・ナショナル・ギャラリー

妻カミーユと、息子ジャンがともに描かれている作品です。




■第3回 印象派展

赤い屋根 ピサロ
ピサロ赤い屋根
制作年:1877年 
原画サイズ:65.5×54.5cm
所蔵:オルセー美術館

エルミタージュ地区の様子を描いた作品です。



ルノワール ムーランドラギャレット
ルノワールムーランドラギャレットの舞踏場
制作年:1876年
原画サイズ:131×175cm
所蔵:オルセー美術館

パリのモンマルトルの丘にあるムーランドラギャレットという酒場に集まった人々の様子を描いた作品です。



カフェにて ドガ
ドガカフェにて
原画サイズ:92×68cm
所蔵:オルセー美術館
制作年;1876年
早朝のカフェにて、昨晩からアブサンというお酒を飲んでぼーっとしている様子の男女を描いた作品です。




■第7回 印象派展

舟遊びをする人々の昼食 ルノワール
ルノワール舟遊びをする人々の昼食
制作年:1880年
原画サイズ:130×173cm
所蔵:フィリップスコレクション

この作品は第七回印象派展で、非常に良い評価を受けた作品です。
ルノワールはしばらく休んでいた印象派展への出展を、この第7回から再開しました。




■第8回 印象派展

グランド・ジャット島の日曜日の午後 スーラ
スーラグランド・ジャット島の日曜日の午後
原画サイズ:207.6 cm×308cm
所蔵:シカゴ美術館
制作年:1884年-1886年

この作品は何と言っても「点描」が特徴です。
スーラは点で表現する点描で、作品を描きました。
描かれているのはセーヌ川のほとりで余暇を過ごす人々です。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

印象派展 第1回から8回までのまとめ!
絵画ファンの皆様、こんにちは!
今日のテーマに早速いきたいと思います。

「印象派展」に何回出展したか? に注目してみました。

ご存知の通り、印象派はそれまでのフランスの伝統的な絵画から独立して、
新しい画法で描いた作品を推し進める画派であり、
印象派の作品たちは、これまでの伝統的なサロンでは認められないと批判され
それに対抗するように、印象派の画家たちが印象派の作品を出展し続ける場として「印象派展」が開催されていました。

その印象派展は第1回から8回までありました。
それぞれの画家が、どの回に出展したのかまとめてみましたよ!

<印象派展 出展一覧>
印象派展一覧

私の中で意外だったのが、ベルト・モリゾの出展回数が多いこと!
第4回以外は出展しています。

ピサロがフル出場だということは知っていたのですが、その次の印象としてドガがありました。
ドガも第7回のみ欠席なので7回出展していますが、モリゾもそれと同じ7回出展だったんですね。
知りませんでした。。。

第1回目は誰でも出展できましたので、比較的多いですよね。
その後の開催では、途中の第4回より、ドガが仕切り始めてしまい、
ドガと仲が良くない者は不参加するなどの影響が出て来た時期がありました。

その後の第7回ではちょっとした変化が起こりました。
印象派展の初期メンバーが戻ってきたのです。
シスレールノワールがそうですよね。

こうして印象派展の中でも動きがあり、第8回の最後を迎えるときには
新しい印象派が台頭し、全8回で終了となりました。

次回の記事では、引続き「印象派展」にかんして書いていきますね。
各印象派展での目玉作品などをお届けします!!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 印象派 】

【 印象派 】




19世紀後半~写実主義に反して作られた画派。象徴主義と同時期に展開した画派。ポスト印象派とも言われる。

フランスで生まれた絵画の技法で、伝統的な絵画と違い、外に出て、太陽の光の下で風景を描くため、作風も明るく色彩豊かである。

作品は、光や空気など目に見えないものを感じ取り、その「印象」を絵に表す。

1874年にモネ、ドガ、ルノワール、セザンヌ、ピサロ、シスレーらが第1回印象派展を私的に開催し出展したが、当時これらの作品は社会に全く受け入れられなかった。

その時、新聞記者が、彼らと彼らの作風を皮肉って、このときモネが出品した「印象、日の出」という作品名から、彼らを「印象派」と呼んだのが名前の由来である。



~主な画家~

○モネ


○ルノアール


○ドガ


○マネ


○ピサロ


○シスレー

○ベルト・モリゾ

○ルソー

○ギヨマン

○ホイッスラー





有名画家の絵画(油絵複製画)作品を販売中!
有名画家の絵画作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画複製画油絵アートなら、絵画(油絵複製画)制作の名画館





テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術