カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルノワールって人生がなんかオシャレ・・・
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日はルノワールについてのお話です。
ルノワールがいかにオシャレな生活を送っていたか、いかにオシャレな画家人生だったかというお話です。

ルノワールは生まれはフランス中南部のリモージュという町ですが、3歳の時にパリの都会に移住します。
一家でパリの生活をはじめました。
そして住んでいた場所はあのルーブル美術館の近く!

そもそもルノワールの家は仕立て屋さんを営んでおり
貴族ではないものの貧しくはない生活を送っていました。

そこからパリ移住!ルーブル美術館の近くという超都心へ。
なんてオシャレなんでしょう〜

オシャレな生活はまだまだ続きます。
ルノワールが9歳の頃、声楽隊に入ります。
歌がとっても上手だったそうですね。

声楽隊では大活躍をしたルノワール
当時有名な作曲家であったグノー。そのグノーが率いる声楽隊に所属していたルノワールでしたが
本格的にオペラ座の合唱団に入れたらどうだ?という提案がグノーからルノワールの両親へありました。
結局、この提案は断り磁器の絵付け職人になるのですが
絵の才能だけではなく、歌の才能まであったルノワール。
とってもオシャレですよね〜


そして上でも少しお話しましたが、絵付け職人になるため13歳で磁器工場に入り、
そこから4年間働きました。
花瓶や陶器に絵を描いていく仕事ですね。
結局、時代の流れで絵付けという仕事は淘汰され機械で自動的に描かれるようになったのと同時に
ルノワールは職を失います。
そこからが画家としての人生の始まりです。

それにしても絵付け職人という仕事もオシャレですよね。
自分で真っ白な陶器に絵を描いていく。
オシャレだなと思います。
またそこで培った技術も、その後の油絵に活きていきますよね。

さて、20歳になったルノワールはグレールの塾に入門し絵画を本格的に学びはじめます。
21歳の時には官立美術学校にも入学。
ダブルで絵画を学びました。
そこまで絵画漬けでも楽しかったんだと思います。
絵を描くことが本当に好きなんだな、と思いますね。

そこからの画家人生も順調で、30歳半ばでさらなるオシャレな出来事が起こります。
パリで有数の出版業者であったシャルパンティエとの出会いです。
このシャルパンティエとの出会いがルノワールを”肖像画家”として有名にしました。

シャルパンティエ夫人とその子供たち ルノワール
ルノアールシャルパンティエ夫人とその子供たち
制作年:1878年 
原画サイズ:189×153cm 
所蔵:メトロポリタン美術館

ここからはブルジョワ達からの肖像画の依頼がたくさん舞い込みます。
ブルジョワ達の間で当時流行していたのは、肖像画を描いてもらうこと。
その画家として一躍有名になったのがルノワールでした。
もちろんルノワールもそういうお金持ち層の方々との付き合いが深くなり
オシャレな生活になりました。

画家によっては、一生絵画が売れず貧しいまま絵を描き続けた人もいます。
それに比べればルノワールは本当に恵まれていたんだと思います。
ルノワール自身も絵を描く事がとても楽しいという言葉を残しています。
「楽しくなければ描かないよ」と断言していますからね。

時代はさかのぼりますが、レンブラントのように大きなアトリエを構えて
そこに弟子をおき工場的な感じで流れ作業的に沢山の絵を描きさばいていくのとは違い
1枚1枚を楽しく描いていったルノワール。

ここでもう1作品、肖像画をご紹介!

イレーヌ嬢 ルノワール アート名画館
ルノアールイレーヌ・カーン・ダンヴェルス嬢】 
制作年:1880年 
原画サイズ:65×54cm
所蔵:ビュレル・コレクション

この作品もブルジョワである銀行家のカーン・ダンヴェール氏の娘イレーヌを描いたもの。
ルノワールは当時こういった肖像画を多く承っていたんですね。

一度、こういう世界に気に入られて取り込んでもらえればもうしめたもの。
紹介が紹介をうみ、受注につながる。
すばらしい戦法だと思います。

そんな感じで幼い頃から晩年までずっとオシャレな画家人生を送ったルノワール。
”ルノワール”という名前を聞くだけで、なんだかオシャレな画家な雰囲気がありますし
ガツガツ感が全くないんですよね。
ルノワールの描く柔らかい光をとりこんだ作品に、それが表れているのかもしれません。

すごく優しい作品を生み出せるのは、人生がとてもやわらかで
それが作品に反映されているからなのかもしれません。

私も、もっとガツガツ感を無くしもっと丸く人生をゆったり生きてみたいものです笑


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ルノワールの各世代の作品を見てみる!
絵画ファンの皆さまこんにちは!

今日はルノワールの画家人生における各年代ごとの作品を比較してみていきたいと思います。
ルノワールが本格的に画家になったのが21歳。そして亡くなったのが78歳。
20代、30代、40代、50代・・・と各年代の作品をみていきましょう!

☆23歳☆

ロメーヌ・ラコー嬢 ルノワール

ルノワールロメーヌ・ラコー嬢
制作年:1864年
所蔵:クリーヴランド美術館
原画サイズ:81.3×65cm

この年にルノワールは弱冠23歳にしてサロン入選を果たします。

☆28歳☆
ラ・グルヌイエールにて ルノワール

ルノワールラ・グルヌイエールにて
制作年:1869年
原画サイズ:66×86cm
所蔵:ストックホルム国立美術館

この頃は印象派らしく戸外で風景画を描く事が多かったルノワール。
自然の光を取り入れた明るい作風の絵を描きます。

☆37歳☆
シャルパンティエ夫人とその子供たち ルノワール
ルノワールシャルパンティエ夫人とその子供たち
制作年:1878年
原画サイズ:153.7×190.2cm
所蔵:メトロポリタン美術館

この作品が大ヒットとなったルノワール。
それまでも印象派として活躍していたルノワールでしたが、他の印象派の画家が戸外に出て光を浴びてその様子を描いていルコとに少し疑問を感じ始めていた頃でした。
自分はやっぱり人物画家だ、という気持ちが大きかったのでしょう。
この作品が大ヒットを遂げたとき、やっぱり人物画を描いていこう!と確信したそうです。



☆42歳☆
田舎のダンス ルノワール
ルノワール田舎のダンス
制作年:1883年
原画サイズ:180×90cm
所蔵:オルセー美術館


ルノワール 都会のダンス
ルノワール都会のダンス
制作年:1883年
原画サイズ:180×90cm
所蔵:オルセー美術館

この頃のルノワールは乗りに乗っています!
かの有名な「都会のダンス」「田舎のダンス」のペア作を作りました。






☆51歳☆
岩に座る浴女 ルノワール

ルノワール岩に座る浴女
制作年:1892年
原画サイズ:80×63cm

この頃からルノワールは裸婦を描くようになりました。
豊満な女性の裸婦像を描くことが、ルノワールの画家としての晩年のテーマとなりました。
力を入れ続けた、光の当たり具合の表現が良いですね。

-------------------------


ルノワールは、20代前半から70代まで活躍した画家です。
それまで美しい女性を沢山描き続けました。
また初期の頃は人物や風景を描き、途中から印象派的な風景画を描き、その後は人物画に特化していったという経緯を辿っています。

でもやっぱり自分は「人物画家だ」と言い切っていますので、
人物画をえがくことが生き甲斐だったのでしょうね。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

日本全国が『ルノワール祭り』だ!!
絵画ファンの皆さま!こんにちは^^
今日は月曜日、5月も間もなく終わります。
今月も最後までしっかり楽しんでいきましょう!!

ところで、今日の特集ですが「ルノワール祭」!!!
現在、京都・名古屋・東京の3都市でそれぞれ別のルノワール展が開催されています。

日本列島がルノワールに包まれているといっても過言ではありません(>_<)
そこで改めて、その3つの美術展をおさらいしてみましょう。

ー☆ー京都ー☆ー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
光紡ぐ肌のールノワール展ー
会期:2016年3月19日から6月5日
会場:京都市美術館
公式サイト:http://www.mbs.jp/renoir/

※目玉作品※
ルノワール 昼食後
昼食後

うちわを持つ女 ルノワール
うちわを持つ女

草原で花を摘む少女たち ルノワール
草原で花を摘む少女たち

白いエプロンの少女 ルノワール
白いエプロンの少女
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー☆ー名古屋ー☆ー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影
会期:2016年3月19日(土曜ー8月21日(日曜
会場:名古屋ボストン美術館 
公式サイト:http://www.nagoya-boston.or.jp

※目玉作品※
ブージヴァルのダンス ルノワール
ブージヴァルのダンス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー☆ー東京ー☆ー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルノワール展 オルセー美術館・オランジェリー美術館所蔵
会期:2016年4月27日(水)– 8月22日(月)
会場:国立新美術館(http://www.nact.jp
公式サイト:http://renoir.exhn.jp


※目玉作品※

ルノワール ぶらんこ
ぶらんこ


ルノワール 田舎のダンス
田舎のダンス

ルノワール 都会のダンス
都会のダンス

ムーランド・ラ・ギャレット ルノワール
ムーランド・ラ・ギャレットの舞踏場

ピアノを弾く少女たち ルノワール
ピアノを弾く少女たち
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

各美術展に展示される目玉作品をざっと並べましたが、
これだけの有名作品が今、同時に日本にあると考えるだけで、どれだけすごいことなんでしょうか!!

上に挙げた作品だけで十分に1つの美術展が出来てしまいそうな程の豪華ラインナップ!
とくに、「ダンス3部作」が全て日本にあるということがすごいです。

ということは、反対に本来展示されているオルセー美術館&ボストン美術館に行かれた方は
この豪華ラインアップを観ることが出来ない・・・
なんて可哀想・・・(T_T)

まぁ「貸し出し中」というのはよく有る事ですからね。
その恩恵を受けた私たち日本に住む者は、ぜひこの機会にしっかりと観ておきたいですよね。

日本でこれほどまでにルノワール展を重ねて開催したのは、何か意図があったのでしょうか。
それともたまたま?なのでしょうか。

話は少しそれますが、今年はイタリアと日本の国交150周年記念の年。
ということで、年初より国をあげてイタリアの画家に関する美術展を日本で開催していました。
「ダヴィンチ展」「ボッティチェリ展」「カラヴァッジョ展」がほぼ同時開催されたのも、これが理由でした。

ではルノワール展の同時開催の理由は何だったのでしょうか。
日本人はルノワールがだいすき!!
ただそれだけの理由だったのでしょうか。

美術展なんて、開催までの誘致などに果てしなく時間と労力がかかります。
開催したいと思ってすぐに出来るわけもありません。
それぞれの美術館が、じっくり時間をかけて誘致した結果だったのかもしれませんね。

とにかく、ルノワールがこんなにまとめて日本で観られる機会は滅多にない!!
ということで、まだ行かれていない方はぜひぜひ足をお運びくださいね〜


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

ルノワールの春らしいお花の作品です
皆さま、こんにちは!
今日はとーっても天気が良くて、今すぐにでもお出かけしたい気分です。
そろそろ春も近づいてきたのかな、という感じです。

ところで、気分はもう「春」
ということで、今日は「☆春の絵画☆」をお届けします。

絵画にも”季節”があります。
年中飾る事の出来る人物画もありますが、風景画や静物画はできれば季節ごとに入れ替えて、四季を味わいたいですね。
飾る絵画が変わると、お部屋の雰囲気がガラッと変わります。

それでは春の絵画のご紹介です!
今日は「ルノワール」の作品の中から、個人所蔵のものを厳選してお届けです。

個人所蔵の作品って、なかなか美術館に展示されませんから
観る機会が少なくてとても貴重です。

ちなみに、話が少し脱線してしまいますが、美術館に個人所蔵の作品を飾りたい場合には、どうすると思いますか??
それは、美術館側が所蔵者へ直接手紙を書くらしいのです。
出展させて頂きたいのですが、お貸しいただけませんでしょうか、と。
しかもすんなりと貸してくれるわけではありませんので、長期にわたっての交渉、何枚もの手紙のやりとりがあるそうです。
そしていざ貸し出してくれるとなると、次の問題は「保険」
高額な絵画作品ですから、しっかりと保険をかけなければなりません。
その金額の交渉なども必要ですので、個人所蔵の作品を展示するのも一筋縄ではいきません。

さてさて、今日は個人所蔵の作品4点ご紹介しますね〜
いずれの作品も、1878から1885年に描かれた花の作品です。

ワーグモントのばら ルノワール
ルノワールワーグモントのばら
制作:1885年
所蔵:個人所蔵


ワーグモントのばらの庭 ルノワール
ルノワールワーグモントのばらの庭
制作:1879年
所蔵:個人所蔵

花のブーケ ルノワール アート名画館
ルノワール花のブーケ
制作:1878年
所蔵:個人所蔵

花瓶の黄金の菊 ルノワール アート名画館
ルノワール花瓶の黄金の菊
制作:1882年
所蔵:個人所蔵

いかがでしょうか?
観ているだけでもとっても華やかな色合いの花の絵画たち。
お部屋がパッと華やぐこと間違いなさそうですよね〜


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
ルノワールが描いた花たち、中でも薔薇は格別だ
こんにちは。
今日も夕方になり、陽が落ちてきました。
今朝からとても天気がよく、澄んだ青空。
夕方になると黄金色の夕日に染まって、空がとってもキレイ。
冬の空気が澄んだ今、美しい空を観るのは気分が良いですよね。

ところで、今日はルノワールに迫ってみたいと思います。
ルノワールの中でも今日取り上げるのは「薔薇」

薔薇と言えば、真っ赤な深紅の薔薇を思い浮かべやすいですよね。
でも、ルノワールが描いた薔薇たちはそんなに単純なものではありません。

ピンクだったり、黄色みを帯びていたり、花瓶に活けられていたり、
柔らかい印象の薔薇だったり、それとも勢いのある強い印象の薔薇だったり・・・

沢山ある薔薇。ルノワールに描かれた薔薇たち。
その一部を今日は見て行きましょう。




ルノワール ルノアール 花瓶のばら 1876年

ルノワール花瓶のばら
制作年:1876年
こちらはキリッととした印象の薔薇の花です。
温かみのある薔薇の色ですが、ちょぴりキリッとした印象がもたれる作品です。
薔薇の花の描かれ方で、印象も変わってくるものですね。


ルノワール 花瓶にはいったバラとジャスミン ルノアール
ルノワール花瓶にはいったバラとジャスミン
所蔵:エルミタージュ美術館
制作年:1881年
暖色系の色合いに包まれたなんとも柔らかい雰囲気の薔薇。
一緒にえがかれているのはジャスミン。
本当にキレイで温かみのある薔薇のお花ですよね〜


ルノワール moss roses オルセー美術館
ルノワールmoss roses
所蔵:オルセー美術館
制作年:1890年
サイズ:33×29.5cm
真っ赤なバラ。
これぞバラ!という深紅のバラ。
美しく息をのむような引き込まれるような作品ですよね。


こうやって、ひと言で「バラ」と言えない、なんとも深い味わいを持ったバラ。
黄色い暖色系のものもあれば、真っ赤に燃えるような色合いのバラもあります。
その表情は様々。
今日は鮮やかな薔薇が好みだな、というときもあれば
今日は落ち着いた薔薇が良いなというときもある。

ただ、やっぱりルノワールの手で描かれるバラは、どれも温かみが感じられますね。





☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。