カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイッスラー
肌色と緑の夕暮れ(肌色と緑の薄暮):バルパライソ

1834年~1903年 印象派(耽美主義) 
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー
(James Abbott McNeill Whistler)


<年表>
1834年 アメリカ、マサチューセッツ州で誕生
1842年 父親の仕事の関係上、ロシアのサンクト・ペテルブルグへ移住。ロンドンやブリストルにも移住
1851年 母国アメリカに戻り、ウェストポイントの陸軍士官学校に入学
1854年 同校中退
1854年 ワシントンD.C.で地形図の銅版画工として働く
1855年 パリに移住
1859年 ロンドンへ移り、以後、ロンドンとパリを往復しつつ制作活動を続ける
1860年 ロンドンのロイヤル・アカデミーに出品
1862年 ロンドンの展覧会に出品
1863年 パリの「落選展」に出品された『白の少女』一躍注目を集める
1876年 パトロンの富豪レイランドのロンドンの邸宅の室内装飾を手がける
1886年 イギリス美術家協会会長に任命される
1903年 69歳、ロンドンで死去


--------------------------------------------------------------------------
1834年、アメリカ、マサチューセッツ州ローウェルに土木技師の子として誕生したジェームズ・マクニール・ホイッスラー。


彼は、父の仕事の関係上(鉄道建設の仕事のため)ロシアに移住するのに従い、


1842年からロシアのサンクト・ペテルブルグへ移住。


その後、ロンドンやブリストルにも移住した。1851年には母国アメリカに戻り、


ウェストポイントの陸軍士官学校に入るが1854年に中退。


1年間ほどワシントンD.C.で地形図の銅版画工として働いた後、


1855年には渡仏し、パリに移住。ホイッスラーはアメリカ人であるが、


パリで美術を学び、画家としての生涯の大半をロンドンとパリで過ごしている。


ここパリのデザイン学校で絵画を学び、翌年1856年にはシャルル・グレールの画塾に入る。


しかし、その伝統的な画風にあきたらず、当時の革新的な画家であったギュスターヴ・クールベを慕うようになる。


それと同時期に1858年パリでは画家のアンリ・ファンタン=ラトゥール、アルフォンス・ルグロと「三人会」を結成している。


1859年にはロンドンへ移り、以後、ロンドンとパリを往復しつつ制作活動を続けた。


1860年からはロンドンにアトリエを構え、ロイヤルアカデミーにも出品している。


1862年にはロンドンの展覧会に出品し、翌1863年にはパリの「落選展」に出品された『白の少女』一躍注目を集めた。


1876年から翌年にかけては、パトロンであった富豪レイランドのロンドンの邸宅の室内装飾を手がけた。


壁面に孔雀を大きく描いた食堂の内装は、のちに部屋ごとワシントンDCのフリア・ギャラリーに移されている。


1886年にはイギリス美術家協会会長に任命されるなど、名実ともにイギリス画壇の中心人物となった。1903年、69歳のときロンドンで死去。


作品の特徴としては、浮世絵の影響を受けた作品を残していたり、作品の題名に音楽用語を多用していることも挙げられる。



----------------------------------------------------------------------------

<作品一覧>

・青と金のノクターン ~オールド・バターシー・ブリッジ~


・黒と金のノクターン ~ 落下する花火~


・肌色と緑の薄暮~バルパライソ~


・灰色と緑のハーモニー~シシリー・アレキサンダー嬢~


・灰色と黒のアレンジメント 第1番 画家の母の肖像


・灰色と黒のアレンジメント 第2番 トマス・カーライルの肖像


・白のシンフォニーNo.1


・白のシンフォニーNo.2


・白のシンフォニーNo.3


・陶磁の国の姫君


・ピアノにて






ホイッスラーの肉筆複製画を販売中!
ホイッスラーの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画なら肉筆複製画専門のアート名画館へ

スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ホイッスラー【ピアノにて】
ホイッスラー ピアノにて
ホイッスラー
【ピアノにて】
1858-59年/67×91.6cm/タフト美術館(シンシナティ)


この作品は、ホイッスラーの姉デボラがピアノを弾く姿と、

その娘の様子を描いた作品である。ホイッスラー一家は幼い頃から音楽に

関心を持って生活してきた。



ホイッスラー



ホイッスラーのプロフィールはコチラから


ホイッスラーの肉筆複製画を販売中!
ホイッスラーの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画なら肉筆複製画専門のアート名画館へ

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ホイッスラー【陶磁の国の姫君】
陶磁の国の姫君
ホイッスラー
【陶磁の国の姫君】
1862-1863年/199.9×116cm/ワシントン、フリーア美術館


この作品に描かれているのは、女流画家マリー・スティルマンの姉である。

クリスティーヌ・スパルタリである。

ホイッスラーは日本文化を作品に取り入れることを好んでおり、

この作品はその典型だと言える。






ホイッスラーのプロフィールはコチラから


ホイッスラーの肉筆複製画を販売中!
ホイッスラーの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画なら肉筆複製画専門のアート名画館へ

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ホイッスラー【白のシンフォニーNo.3 】
白のシンフォニーNo.3 ホイッスラー
ホイッスラー
【白のシンフォニーNo.3 】

1867年/52×76.5cm/バーバー美術研究所


白のシンフォニー第3作目。第2作目から3年後に描かれたもの。

この作品もまた、白い背景に白いドレスをまとった女性が描かれている。




ホイッスラーのプロフィールはコチラから


ホイッスラーの肉筆複製画を販売中!
ホイッスラーの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画なら肉筆複製画専門のアート名画館へ

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ホイッスラー【白のシンフォニーNo.2 】
白のシンフォニーNo.2 ホイッスラー
ホイッスラー
【白のシンフォニーNo.2 】
1864年/76.0×51.0cm/テート・ギャラリー



白のシンフォニー第二作目。

この作品は同じ題名で描かれている「白のシンフォニー」から2年後描かれたもので、

この作品も白の服を着ている点は同じだが、さらにホイッスラーが好きな日本文化を取り入れた

作風になっている。





ホイッスラーのプロフィールはコチラから


ホイッスラーの肉筆複製画を販売中!
ホイッスラーの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画なら肉筆複製画専門のアート名画館へ

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。