カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
マイヨール【パラソルを持つ娘】


パラソルを持つ娘 アリスティド・マイヨール
190×149cm/オルセー美術館


1861年、フランス生まれ。現在は彫刻家として有名なマイヨール。

40歳頃までは画家として活躍した。その頃の有名作品がこの作品。



マイヨールについてのプロフィールはこちら から




マイヨールの肉筆複製画を販売中!
マイヨールの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画なら肉筆複製画のアート名画館へ





スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

マイヨール
1861年~1944年
アリスティド・マイヨール(Aristide Maillol)

<年表>
1861年 12月8日フランスの南端バニュルス・シュル・メールに生まれる
1882年 画家を目指し、パリに移住
1885年 パリの国立美術学校エコール・デ・ボザールに入学。その後、その授業に飽きたらず退学してしまう。
1893年 故郷に戻り、タピストリーに興味を持ち、工房で働く
1895年 この頃から徐々に彫刻の制作にも力を入れ始める
1900年 タピスリー制作中に目を痛め、本格的に彫刻家に転向
1902年 美術商ヴォラールの店で彫刻の初個展を開催。黒人彫刻の作品がロダンに賞賛される
1903年 パリ郊外のマルリー=シュル=オワーズに移住
1905年 サロンに出品した作品「地中海」が認められる
1908年 イタリアやギリシアへ旅行し、彫刻の技術習得に努める
1937年 パリ万国博覧会の会期中、展覧会で3室の特別室が設けられた
1939年 故郷バニュルス・シュル・メールへ戻る
1944年 9月27日、自動車事故により82歳で死去

---------------------------------------------------------------------------

1861年12月8日フランスの南端バニュルス・シュル・メール生まれのアリスティド・マイヨール。
オーギュスト・ロダン、アントワーヌ・ブールデルとともに近代ヨーロッパを代表する彫刻家の一人である。
今では彫刻家として有名なマイヨールだが、彫刻を始めたのは40歳頃からで、それまでは画家として活躍していた。
1882年画家を目指し、パリに移住。
1885年、パリの国立美術学校エコール・デ・ボザールに入学し、画家になる為に勉強を始めるが、その授業に飽きたらず退学してしまう。
その頃、ナビ派であるピエール・ボナール、エドゥアール・ヴュイヤール、モーリス・ドニ等と親交を深める。
そして、ゴーギャンの芸術から強く影響を受けた。
1893年故郷に戻り、タピストリーに興味を持ち、工房で働く。その工房にいたクッティルド・ナルシスという女性と後に結婚する。
1895年、この頃から徐々に彫刻の制作にも力を入れ、そして1900年タピスリー制作中に目を痛めてから本格的に彫刻家に転向した。
1902年、美術商ヴォラールの店で彫刻の初個展を開き、黒人彫刻の作品がロダンに賞賛された。
1903年、パリ郊外のマルリー=シュル=オワーズに移住。
1905年にはサロンに出品した作品「地中海」が認められる。
1908年にはイタリアやギリシアへ旅行し、彫刻の技術習得に努めたりと、活発な制作活動を続けた。
1937年のパリ万国博覧会の会期中、プティ・パレの展覧会で3室の特別室が設けられた。
1939年には故郷バニュルス・シュル・メールへ戻る。
1944年9月27日、自動車事故により82歳で死去。

----------------------------------------------------------------------------

<作品一覧>
パラソルを持つ娘





マイヨールの肉筆複製画を販売中!
マイヨールの作品取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画ならアート名画館へ



テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術