カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
ダヴィンチってどんな一生を過ごしたのでしょうか
レオナルドダヴィンチの特集も今日で3日目、とうとう最終日ですよ!


今日は、レオナルドダヴィンチの画家人生についてお話したいと思います。
レオナルドダヴィンチはご存知の通り、画家としてだけではなく、その他の多くの分野においての専門家としても名が知れています。

地学家、天文学者、彫刻家、建築家、音楽家、工学家、、、など無数にあります。
その中でも画家としての才能はすばらしく、秀でていたのだと言います。
今日はその画家としてのレオナルドダヴィンチに迫ってみたいと思います。
(が、今日一日の記事で彼の人生すべてを説明するにはほど遠いため、簡略してお伝えしますね(#^.^#))


完璧主義者だといわれたレオナルド。
自分が描いた作品が納得いかないときには破棄し、何度も何度も修正を繰り返していたそうです。
生涯で現存している作品は15点程しかないのはその為でしょう。

たった15点程しか残されていないレオナルドの作品。
それなのにこんなにも有名でその才能が素晴らしいと言われているのは、やはり1つ1つの作品の素晴らしさや完成度の高さだと思います。

ーーーーーーーーー

レオナルドの画家としてのはじまりは、1466年、14歳のときの事。
ヴェロッキオの工房へ弟子入りし、修行が始まったのです。
ヴォロッキオは当時フィレンツェでもっとも優れた工房のひとつと言われていました。

ヴェロッキオの工房にあつまる芸術家の才能はすばらしく、ヴェロッキオが出した作品のほとんどがそこに在籍する弟子によるものだったとも言われています。

キリストの洗礼 ダヴィンチ アート名画館


「キリストの洗礼」という作品をご存知でしょうか。
この作品はレオナルドとヴェロッキオの合作なのですが、レオナルドが受け持って描いた箇所があまりにも優れていたため、師匠であるヴェロッキオはそれから二度と金輪際絵画を描かないと決めた!と言われるほど、レオナルドの画家としての才能はすごかったと言えます。



東方三博士の礼拝 ダヴィンチ アート名画館

次に「東方三博士の礼拝」という作品はご存知でしょうか。
東方三博士の礼拝は、当時さまざまな画家によって描かれていたテーマで、ボッティチェリによっても描かれています。
レオナルドによって描かれた「東方三博士の礼拝」は未完成のまま終わった作品。
完璧主義なレオナルドダヴィンチが未完成のまま終わらせた作品なのです。

その理由は、制作途中でミラノ公国へと活動の場を移したからです。
当時、レオナルドは音楽家としての才能も秀でており、「リラ」という楽器を制作したのが話題になりました。
それを知ったメディチ氏(当時フィレンツェを支配していた支配者)が、レオナルドがつくったリラを土産にミラノ公国へむかわせたそうです。
そのリラを土産にしてフィレンツェとミラノの平和条約を結ぼうとしたのです。
そういう仕事が舞い込んだため、フィレンツェでの作品制作は中断しミラノへ向かったレオナルド。
結局その活動は1482年から1499年にまで及んだといいます。


最後の晩餐 アート名画館 ダヴィンチ

あの名画「最後の晩餐」もこのミラノでの活動時に描かれたものです。
その他にもミラノ時代には様々な作品を描き、絵画制作以外にも様々な仕事を引き受けました。
パレードの準備、ミラノ大聖堂の屋根の設計、騎馬像の制作など多岐にわたりました。
そういう事から見ても、レオナルドの才能がいかにすごかったのかが分かります。
何でも出来る何でも屋さんのようなレオナルド。
素晴らしい才能です。

ただ、その才能は努力によって作られた事もわかっています。
昨日も少しかきましたが、レオナルドが残した手稿を見てみると、その研究探求の記録が鮮明に描かれており
さすが完璧主義と言われただけあって、細部まで探求しつくした記録がのこっていますが、なぜかいずれの研究分野も最後の結論には至っていません。
完成前には、他の分野へと気移りしてしまっているのでしょう。
そこもレオナルドの個性ですよね〜

1499年、第二次イタリア戦争が勃発。その時レオナルドはヴェネチアへと非難したそうです。
そしてフランス軍からヴェネチアを守る軍事技術者として雇われていました。
1500年にはようやく故郷であるフィレンツェに帰還。
サンティッツシマ・アンヌンツィアータ修道の修道蔵のところに招かれました。

1508年にはフィレンツェの芸術家ギルド「聖ルカ組合」に再加入。
ここでの大作は、フィレンツェ政庁舎の大会議室の壁画「アンギアーリの戦い」で、その事業に2年間携わった。

そして、晩年にあたる1513年以降はヴァチカンで過ごしている時間が多かったようです。
よく並べて評されるミケランジェロ、ラファエロも当時はそこで過ごす時間が多かったようです。
今考えても、どれだけすごい3人組だよ!って感じですよね〜

1516年にはフランソワ1世に招かれたレオナルド。
邸宅が与えられて、そこで死を迎えるまでの3年間を過ごしたそう。
もちろん絵画制作も続けていました。

ーーーーーーーーー

さてさて、ここからはレオナルド・ダ・ヴィンチの作品のご紹介!!
数少ない生涯作品を一挙ご紹介!
ただ、この中にも100パーセントレオナルドによって描かれたか確定していないものもありますが、ほぼ間違いないだろうと言われている作品たちです。



<1470年代>

受胎告知 アート名画館 ダヴィンチ

受胎告知
レオナルドの作品としては初期の作品。



ブノアの聖母 アート名画館 ダヴィンチ

ブノアの聖母
修行時代を終え、画家として独り立ちした後に初めて完成させて作品。



ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像 ダヴィンチ アート名画館

ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像」15世紀のフィレンツェ貴族ジネーヴラ・デ・ベンチを描いた肖像画だが、彼女の結婚記念で描いたという説もあるが確証はない。


<1480年代>


岩窟の聖母 アート名画館 ダヴィンチ

「岩窟の聖母」
祭壇画として依頼されたもので、ミラノの聖母無原罪の御宿り信心会からの依頼であった。



リッタの聖母 アート名画館 ダヴィンチ

「リッタの聖母」
19世紀にミラノ貴族のリッタ家が所有していたことからリッタの聖母と呼ばれているが、レオナルドの真筆か否かが定かではない作品。



音楽家の肖像 アート名画館 ダヴィンチ

音楽家の肖像



<1490年代>

最後の晩餐 アート名画館 ダヴィンチ

最後の晩餐
ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の食堂にある壁画です。



白貂を抱く貴婦人 アート名画館 ダヴィンチ

白貂を抱く貴婦人
この女性はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾チェチーリア・ガッレラーニという女性だと言われています。



ミラノの貴婦人の肖像 アート名画館 ダヴィンチ

「ミラノの貴婦人の肖像」
この作品に描かれている女性が具体的に誰なのかは不明とされています。



<1500年代>


モナリザ モナ・リザ アート名画館 ダヴィンチ

「モナ・リザ」



ダヴィンチ 糸車の聖母 糸巻きの聖母

糸車の聖母」(糸巻きの聖母
晩年に描かれた聖母子像。糸を巻く棒を持ったイエス様を見つめるマリア様が描かれています。



聖アンナと聖母子 アート名画館 ダヴィンチ

聖アンナと聖母子
聖母マリアと幼子イエス様、そしてマリアの母聖アンナが描かれた作品。




〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜
「特別展 レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」
公式サイト:http://www.davinci2016.jp
会期:2016年1月16日から4月10日まで
場所:東京都江戸東京博物館
〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ダヴィンチ展、2016年の幕開けを飾る!(予習編)
おはようございます(^-^)/
昨日から特集をしていますレオナルド・ダ・ヴィンチ

絵画ファンの皆さんご承知だと存じますが(いや、そうでなくても、、皆さんきっと…)レオナルドは画家としての一面だけではなく彫刻、建築、科学、解剖学、地学・・・・といろーんな事に興味を持ち、様々な事に長けていました。
スーパーマンのような人物ですよね。

レオナルドはその性格上、とっても努力家で好奇心旺盛で、だからこんなにもいろんな多岐にわたっていろんな分野に精通していたそうです。
それは彼が残した「手稿」を見れば一目瞭然だと言います。

あ、そうです!レオナルドは絵画だけではなく多くの手稿も残しているのです。
いろんな才能があった中でも画家としての才能は抜き出ていて、素晴らしい才能があったのですが、手稿もかなり面白い事を書き残しています。

例えば、どうすれば人間は飛べるのか。
鳥を見て、その飛び方を参考にして考えてみる、というような事を書き残しました。

ただ、興味が多岐にわたり過ぎて、その気持ちが先走りどの分野の研究も全部中途半端で終わらせてしまった、という話も。
この雑誌「日経おとなのOFF」の記事によると、感心の対象が次々とうつりひとつの事に集中するのが苦手だったそうです。
ただ、その興味の範囲はとっても広く、鳥の飛び方の研究とか、月の満ち欠けなどの天文学や、地学などまで幅広く研究をしていたと言います。

私自身、レオナルドと比べるのも悪すぎて怒られそうですが、、、興味の幅が狭く知識が浅いので、こんなにもいろんなことの興味を持てた天才ってすごいな羨ましいなと思ってしまいます。

ところで、多岐にわたるレオナルドの興味ですが、その中でも今日は画家としての一面に注目し、
「糸巻きの聖母」という作品に関して詳しくみていきたいなと思います。


まずは昨日のおさらいから。
糸巻きの聖母」は、1501年頃レオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた作品。油彩画です。
所蔵はバクルー・リビング・ヘリテージ・トラストです。
今回のダヴィンチ展の目玉作品となっています。

ダヴィンチ展 アート名画館

〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜
「特別展 レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」
公式サイト:http://www.davinci2016.jp
会期:2016年1月16日から4月10日まで
場所:東京都江戸東京博物館
〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜

なかなか外に公開されないプレミア感のある作品、「糸巻きの聖母」(糸車の聖母)。

イギリスの貴族バクルー公爵家が所蔵している当作品ですが、レオナルドの故郷であるイタリアと、この作品が所蔵されているイギリス以外の2国では出品される事がなかったのです。
2009年になってとうとう、スコットランドのあるスコットランド・ナショナル・ギャラリーで一般公開されたという、滅多に観られない貴重な作品なのです。

さてさて、日本初公開である「糸巻きの聖母
じっくりと作品を見て行くと、気になる点がたくさん見受けられるのです。

ダヴィンチ 糸車の聖母 糸巻きの聖母

まずは1個目。
描かれている聖母子の頭に天使の輪っかがない!
その当時よく描かれていた聖母子には通常天使の輪が描かれていました。
しかし、糸巻きの聖母にはそれがない!!

2個目。
輪郭線がない!
輪郭をはっきり描かず、ぼかして描くのが普通とは異なる技法だったようです。

3個目。
ねじれの描き方!
イエス様の体のねじれの表現がダイナミックに描かれている。

4個目。
作品下部に描かれた岩の表情がリアル。
地学にも精通していたレオナルドらしく、さりげに背景に描かれる岩にも注力し、本物に近いものを描いたといいます。

5個目。
聖母マリア様の表情が柔らかい。
他の画家が描くマリア様よりも、レオナルドが描くマリアさまは優しく初々しい表情をしているのが特徴だそうです。

6個目。
髪の毛の描き方がキレイ
髪のうねり具合などにもこだわり描いていたと言います。

7個目。
手の描き方、表情にこだわり。
レオナルドによって描かれた聖母マリアの手の表情は、なにか意味を含んでいるかのように今にも動き出そうとしているような何とも言えない表情をしています。

※参照は「日経おとなのOFF」を参考にさせて頂きました。

この1枚の作品だけみても、これだけレオナルドダヴィンチのこだわりや、個性などが読み取れるんですね!
おもしろいです!!

たった1枚の作品でも、じっくりと解説を聞いて知っていくととても興味深く面白いですよね。

ダヴィンチ展に行かれる際には、これらの点に注目して見てきてくださいね!!

ではまた明日♪


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

今日からはダヴィンチ特集ですよー!!
今日からはレオナルド・ダ・ヴィンチ特集!!
先週までのボッティチェリに引続き、ルネサンス美術を特集していきます。

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品でまず思い浮かぶのが「モナ・リザ」ではないでしょうか。

モナリザ モナ・リザ アート名画館 ダヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチモナ・リザ


もしくは「最後の晩餐」とか???

最後の晩餐 アート名画館 ダヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチ最後の晩餐


いや、もしかすると、絵画ファンのみなさまにとっては、モナリザ最後の晩餐なんて一般的な作品はダヴィンチの代表作ではない!と思われるかもしれませんね笑


それもそのはず。実は、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた作品では、半数以上が聖母マリア様を描いた作品なんです!
モナリザのような女性を描いた作品は珍しいのです。数点ありますけどね・・・

というか、そもそも現存するレオナルド・ダ・ヴィンチの作品自体が15点にも満たない程しかないのです。
その中で半数は聖母マリア様を描いた作品なんですね〜びっくり!!

しかも驚く事に、聖母マリア様をたくさん描いているにも関わらず、ダヴィンチは当時キリスト教信者ではなかったそうです。。。
死を迎える直前に洗礼を受けて、そのとき初めてキリスト教になったそう。
そんな熱狂的なキリスト教信者でもなかったレオナルド・ダ・ヴィンチがなぜ??
聖母マリア様を多く描いたのでしょうか…


参考にさせて頂いた雑誌「日経おとなのOFF」1月号によると、それはレオナルド・ダ・ヴィンチの母に対する思慕の表れだったのでは?とのことです。
母への想いをマリア様にのせて描いたのでしょうか。

それではなぜそこまで母に対する想いがあったのでしょうか。
それは、レオナルド・ダ・ヴィンチの両親の話から振り返ってみましょう。


ーーーーーーー

レオナルド・ダ・ヴィンチの両親は、父親がエリートの公証人で、母親が農婦という、身分の差がある結婚でした。
母の名前はカテリーナ、父の名前はセル・ピエーロ・ダ・ヴィンチ。
当時はそういった身分の違う二人が結婚するということはあまり許されていない事だったそうです。
そんな中、結婚したレオナルド・ダ・ヴィンチの両親。
ですが、レオナルドを産んだその後母が消息をたちます。
レオナルド・ダ・ヴィンチの実母に関しては諸説あり、農婦だったとか奴隷みたいな身分だったとか、結婚してすぐに別の農婦のところに嫁ぎ直したとか、色々ありすぎて今でもはっきりしていない事が多いようです。


レオナルドのもとを去ってしまった母。
その後父親は、たくさんの女性と結婚を繰り返したそうです。
結局、合計12人の子供をもうけた父。
そういった実母の愛が無い環境で育ったレオナルドは、母の愛に飢えていたのではないか、だからその想いを聖母マリアにのせて、マリア様を題材にした作品を多く描いたのではないかと言われているようです。


レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた作品の中には、女性を描いたデッサンは多く残っているようです。
しかしながら、デッサイを見ても女性を性的に描いたものは少なく、ただ単に女性の体を解剖学的に興味があって、そういった面からみた女性の姿を描いていたそうです。

その為なのか何なのか、レオナルド・ダ・ヴィンチは生涯独身を貫いているのです。

レオナルド・ダ・ヴィンチは、母親の母性に飢えていたのかもしれませんね。
残した作品には、イエス様とマリア様の母と子の作品が多くあり、どれも母と子の愛情が伝わってくるような暖かい雰囲気の作品ばかりです。
母マリア様が子イエス様を見つめる様子・・・とてもあたたかみがあります。



そんな作品のうちのひとつが、「糸巻きの聖母
今回、「ダヴィンチ展」の目玉として来る作品です!

糸巻きの聖母


〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜
特別展 レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦
公式サイト:http://www.davinci2016.jp
会期:2016年1月16日から4月10日まで
場所:東京都江戸東京博物館
〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜〜☆〜。.:*;。☆〜

この美術展の公式サイトの表紙にも使われている作品「糸巻きの聖母
1501年頃に書かれた作品です。
1472年頃に「受胎告知」を描いたのが、レオナルドの画家人生としての初期の頃。
その後、様々な聖母子像を描き、晩年に近い頃に描かれたのがこの「糸巻きの聖母」です。

この作品をじっくり見て検証していきたいところですが。。長くなりそうなので明日の記事でご紹介することにします!!
(もったいぶらせてごめんなさい笑)

では、概要だけちょこっと。
この作品「糸巻きの聖母」は、実は公開されるようになってから日がとっても浅い貴重な作品なのです。
イギリスの貴族バクルー公爵家が所蔵している当作品ですが、レオナルドの故郷であるイタリアと、この作品が所蔵されているイギリス以外の2国では出品される事がなかったのです。
2009年になってとうとう、スコットランドのあるスコットランド・ナショナル・ギャラリーで一般公開されたという、滅多に観られない貴重な作品なのです。
この話を知ると、余計に見てみたくなりますよね!
このプレミア感がいい!!!


そうそう!お話するのを忘れていましたが・・・
実母を想って聖母子を多く描いていたレオナルド・ダ・ヴィンチ。
66年の生涯を過ごしたレオナルドも、40歳を過ぎた頃になんと実の母親と再会を果たすのです!
そして母の最期までしっかりと面倒をみたそうです。
母に対するレオナルドの想いが通じたのでしょうか。

その話を知った私は、とてもホッとしました。
想い続けていればいつか叶う!ではないですが、そういう愛の形っていいですよね。
レオナルド・ダ・ヴィンチって聞くと、巨匠・天才画家というイメージが強すぎて、彼の愛に注目したりする事がありませんでした。
今回改めてレオナルドの生涯を振り返ってみて、その愛にとても感銘を受けました。
愛する事が出来る人だったんですね。
生涯独身だったレオナルドなので、妻を愛す子を愛す、といった事はありませんでしたが、そのかわりに母を愛するという形になったのでしょうか。

今日はここまで!!
今日は大まかレオナルドダヴィンチの生涯を振り返りました。
明日は、「ダヴィンチ展」「糸巻きの聖母」について詳しく説明していきますね〜
それでは良い一日をお過ごしください☆

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ダヴィンチ【音楽家の肖像】
ダヴィンチ【音楽家の肖像】

レオナルド・ダ・ヴィンチ
【音楽家の肖像】
1490年 原画サイズ(43 x 31 cm)
所蔵:アンブロジアーナ美術館(ミラノ)


1452年、イタリア生まれ。イタリアのルネサンス期を代表する天才として知られているダヴィンチ。

画家のほかに、彫刻家、建築家、科学者としても有名な万能人であったという。

この作品に描かれている音楽家は、作曲家のジョスカン・デ・プレではないかとも言われています。


ダヴィンチについてのプロフィールはこちらから



ダヴィンチの肉筆複製画を販売中!
ダヴィンチの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画なら肉筆複製画のアート名画館へ




テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ダヴィンチ【ブノワの聖母】
ダヴィンチ【ブノワの聖母】
レオナルド・ダ・ヴィンチ
【ブノワの聖母】
1475-78 原画サイズ(50×32cm)
所蔵:エルミタージュ美術館


1452年、イタリア生まれ。イタリアのルネサンス期を代表する天才として知られているダヴィンチ。

画家のほかに、彫刻家、建築家、科学者としても有名な万能人であったという。

この作品は、名門貴族クラーキン公より画家レオン・ブノワの手に渡り、それをロシア皇帝ニコライ2世が

購入したことから『ブノワの聖母』と呼ばれることとなった。



ダヴィンチについてのプロフィールはこちらから



ダヴィンチの肉筆複製画を販売中!
ダヴィンチの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画なら肉筆複製画のアート名画館へ




テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術