カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大エルミタージュ美術館展】開催中ですよ!!
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は、今大人気の美術展をご紹介したいと思います。

まずは概要から・・・

【大エルミタージュ美術館展】 
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち

会場:森アーツセンターギャラリー
会期:2017年03月18日~2017年06月18日
公式サイト:http://hermitage2017.jp/index.html


ロシアのサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館。
この美術館には世界の名だたる有名画家の作品が約1万7千点所蔵されています。

フランスではオルセー美術館やルーブル美術館が有名ですが、
それに劣らないレベルの美術館だと言えます。

今回そのエルミタージュ美術館所蔵作品が東京に大集結。
ルネサンス期の作品から、バロック、ロココ、そして16世紀の絵画まで
時代を越えた有名作品が集結します。

◎↓展示される作品の一例をご紹介↓◎

鳥罠のある冬景色

ブリューゲル鳥罠のある冬景色
制作年:1615-1620年頃

ブリューゲルが得意とした祖国の典型的な農村風景を描いた作品。
真冬の寒空の下、アイススケート、アイスホッケーなどを楽しむ
民衆の姿が生き生きと描かれて強さを表している作品です。

東京会場は6月18日まで、その後は名古屋2017年7月1日(土)-9月18日(月・祝)、
そして神戸2017年10月3日(火)-2018年1月14日(日)へと会場を移していく大巡回展です!
話題の美術展、ぜひぜひお見逃しなく〜


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

東海地方で見られるルノワール作品!
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は「東海地方で見られるルノワール作品」と題しまして
日本の美術館が所蔵しているルノワール作品をご紹介したいと思います。

特別展や巡回展ではなくても、ルノワール作品が見られますよ!
それでは早速見て行きましょうー!


■岐阜県美術館 
岐阜市宇佐4‐1‐22
http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp

ルノワール 泉
ピエール=オーギュスト・ルノワール【泉】
制作年:1910年
原画サイズ:91.5×73.8cm


■三甲美術館
岐阜県岐阜市長良福土山3535
http://www.sanko-museum.or.jp

ルノワール 三甲美術館 坐せる浴女
ピエール=オーギュスト・ルノワール【坐せる浴女】
原画サイズ:50.0×59.5cm


裸婦 ルノワール 三甲美術館
ピエール=オーギュスト・ルノワール【裸婦】
原画サイズ:50.5×39.0cm




■メナード美術館
愛知県小牧市小牧五丁目250番地
http://museum.menard.co.jp

読書する女 ルノワール
ピエール=オーギュスト・ルノワール【読書する女】
制作年:1895年
原画サイズ:55.0×45.8cm



■三重県立美術館
三重県津市大谷町11番地
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/


青い服を着た若い女 ルノワール
ピエール=オーギュスト・ルノワール【青い服を着た若い女】
制作年:1876年
原画サイズ:42.9×31.0cm



如何でしたでしょうか。
意外な美術館に意外なルノワール作品が所蔵されているな、とお気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まだまだ奥が深い美術館。
様々な美術館が日本にはあります。

巡回展や特別展でなくても、素敵な作品がありますよ!


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

東北で見られるルノワール作品
絵画ファンの皆さま、こんにちは!

今日は日本の美術館所蔵のルノワール作品が見たい!
という事で、地域を絞って「東北地方」の美術館でルノワール作品を見られるところをご紹介したいと思います。

それでは早速みていきましょう!


山形美術館
山形県山形市大手町1−63
http://www.yamagata-art-museum.or.jp

庭で犬を膝に抱いて読書する少女 ルノワール
ピエール=オーギュスト・ルノワール庭で犬を膝に抱いて読書する少女
制作年:1874年
原画サイズ:61.0×48.5cm




赤いブラウスを着た花帽子の女 ルノワール
ピエール=オーギュスト・ルノワール赤いブラウスを着た花帽子の女
制作年:1914年
原画サイズ:46.0×38.0cm




諸橋近代美術館 (福島県)
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093番23
http://dali.jp/


モーリスドニ夫人 ルノワール
ピエール=オーギュスト・ルノワールモーリス・ドゥニ夫人
制作年:1904年

この作品は、画家モーリス・ドゥニの夫人をモデルに描いた肖像画です。


如何でしたでしょうか。
東北にもルノワール作品を所蔵している美術館があります。
ぜひ一度足を運んで実際にご覧になってみてくださいね!!



☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

フランスの風景 樹をめぐる物語 -コローからモネ、ピサロ、マティスまで-
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日はまもなく開催される美術展のご案内です。

フランスの風景 樹をめぐる物語 山梨県立美術館


フランスの風景 樹をめぐる物語-コローからモネ、ピサロ、マティスまで-
2016年10月22日(土)~12月11日(日)
会場:山梨県立美術館
公式サイト http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/2016/04/---.html



10月22日より、山梨県立美術館にて「フランスの風景 樹をめぐる物語」と題してコローモネピサロ、マティスといった画家たちの作品が展示される美術展が開催されます。
上にパンフレット画像を掲載しましたが、こちらはモーリス・ドニの作品です。

今回の美術展のテーマが「樹木」
19世紀のフランスで描かれた作品の中で、樹木をテーマに描かれている作品を集めたという面白いテーマの美術展です。

早速ですが、展示作品の一部をご覧頂きましょう。
エトルタ近くの風景
カミーユ・コロー 【エトルタ近くの風景】
制作年:1872年
所蔵:フォン・デア・ハイト美術館


ヴェトゥイユの河岸からの眺め、ラヴァクール
クロード・モネ 【ヴェトゥイユの河岸からの眺め、ラヴァクール(夕暮れの効果)】
制作年:1880年
所蔵:ピサロ美術館


小さなブルターニュの女性たち、沼のほとり
モーリス・ドニ 【小さなブルターニュの女性たち、沼のほとり】
制作年:1892年頃
所蔵:個人蔵



いかがでしたでしょうか。
ひと言で「樹木」と言えど、描く画家が違うと全く違う雰囲気に描かれるものですね。

そして「樹木」は風景画を描く際には欠かす事の出来ない大事な物だという事も分かります。
作品に必要なもの、存在感のある樹木。

新鮮な緑色の若葉が踊る樹木、秋の頃枯れかかった赤みを帯びた葉を持つ樹木、
冬の雪景色の中の樹木、春の暖かな気候の中で花満開の樹木。

いろんな樹木の様子があります。

画家によっても樹木の描き方が違いますので、それを楽しむのも面白いですよね。
色々な魅力が樹木に詰まっているな、と思います。

今回は会場が大阪や東京ではなく山梨なので、そちらの方にお住まいの方には素晴らしい機会ではないでしょうか。
また遠方の方もこの機会に山梨に遊びにいかれるのもオススメですよね!
芸術の秋、しっかりと楽しみたいですね!


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

ゴッホとゴーギャン、二人の「収穫」の違い
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
昨日は10月から東京都美術館で開催される【ゴッホとゴーギャン展】についてご紹介しました。

今日は、その【【ゴッホとゴーギャン展】の目玉作品である「収穫」について見ていきたいと思います。

1888年冬、ゴッホゴーギャンは南仏のアルルという街で共同生活をはじめました。
それはたった2ヶ月で終わってしまいましたが、お互いにとって自然を感じて自然と向き合い、それを作品に取り入れられた良い機会だったことでしょう。

そのアルルで描かれた名作のひとつが「収穫」でした。
ゴッホ、ゴーギャンともにアルルの地の刈り入れや種まきといった農作業や自然というテーマに興味を持ち作品のテーマとしました。

しかし同じ場所で描かれた作品でも、二人の作風は全く違います。
同じ「収穫」というテーマの作品でも、描かれているものは全く違うのです。


ゴッホの方は、現実に見たものだけを作品の中に描きました。
一方のゴーギャンの方は、想像である物も作品の中に取り入れて描き込みました。


まずはゴーギャンの「収穫」から見ていきましょう。
ブドウの収穫、人間の悲惨 ゴーギャン
ポール・ゴーギャン【ブドウの収穫、人間の悲惨】
制作年:1888年
所蔵:オードロップゴー美術館

この作品はアルルの収穫時期をテーマに描かれた作品ですが、
作品中に描かれている女性はブルターニュ地方の女性だそうです。
実際にアルルの地にはいないブルターニュの女性を合わせて描いたそうです。
ゴーギャンはこれに対して、想像を描いたが別に構わないとコメントを残しています。
ゴーギャン自身も出来に大満足で、最高傑作だと自画自賛した作品。
それ以上に、ゴッホがこの作品に対して大絶賛で
この作品をゴーギャンが描いているときに、ゴッホは自身の弟であるテオに手紙を綴っています。
「ゴーギャンが今作品を描いており、とても素晴らしい出来だ、と。」


もう一方でゴッホが描いた「収穫」をみてみましょう。
ラ・クローの収穫 ゴッホ
フィンセント・ファン・ゴッホ収穫
制作年:1888年
所蔵:ファン・ゴッホ美術館


ゴッホが自身の作品の中でも1、2を争う作品だと断言した作品です。
ゴーギャンのように想像を描いたのではなく、アルルの街の収穫時期の様子を見て描いた作品です。
この頃のゴッホは収穫や種まき、稲刈りなどのテーマを好み、数々の作品を描いていましたが
このクロー平原での収穫ひとコマを描いた作品は、ゴッホ自身も大絶賛だったそうです。


同じテーマの作品でこんなにも違う雰囲気の作品が、同じアルルで描かれたというのは不思議です。
そしてお互いに自身の作品を大絶賛、大満足していたと言います。

画家の感性の違いによって、こういう風に違う作品に仕上がるというのはとても面白いですね。

さて、上記2作品は10月より開催される【ゴッホとゴーギャン展】にて展示されます。
概要はこちらです↓

ゴッホとゴーギャン展
公式サイト:http://www.g-g2016.com

※東京会場※
会期:2016年10月8日(土)~12月18日(日)
会場:東京都美術館(http://www.tobikan.jp/exhibition/h28_goghandgauguin.html)

※愛知会場※
会期:2017年1月3日(火)〜3月20日(月)
会場:愛知県美術館(http://www-art.aac.pref.aichi.jp)
愛知芸術文化センター10階

今回は東京と愛知の2会場での巡回開催になります。
東京が先で今年10月から、その後翌年1月からは愛知での開催になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。