カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《プラド美術館展》が開催中ですよ~
プラド美術館展 三菱一号館美術館 東京

先週末の東京はとっても良いお天気(^-^)/
朝イチからお出かけしてきましたーー!!

行った場所は。。。東京駅!の近くにある三菱一号館美術館
ここで現在「プラド美術館展」が開催中なんです。

プラド美術館は、スペインのマドリードにある国立の美術館。
もともと王家のコレクションを集めていた美術館でしたが、国有化されて現在の「プラド美術館」になりました。

スペインの美術館だけあって、所蔵されているのは主にスペインの画家。
ゴヤエルグレコなどの作品が多くあります。

実際にプラド美術館に所蔵されているのは、有名どころで言えば
アンジェリコの「受胎告知」やゴヤの「裸のマハ」「着衣のマハ」「我が子を食らうサトゥルヌス
などです。

ところで、パンフレットの表紙を飾っているのはアントン・ラファエル・メングスの
「マリア・ルイサ・デ・パルマ」という作品。

この作品を描いた画家アントン・ラファエル・メングスは、ドイツ人画家ですが、
スペイン王カルロス3世の宮廷画家として有名です。

そしてモデルとなったマリア・ルイサ・デ・パルマはスペイン王カルロス4世の妃。
美しい女性ですよね~^^

この美術展は2015年10月10日(土)~2016年1月31日(日)まで開催中です。
是非、スペイン宮廷の美しい作品たちをご覧になってくださいね♡

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画 

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

スポンサーサイト
天気が最高の日には画集観てゆっくりと・・・
画家 複製画 肉筆 油絵 ジェームスアンソール

見慣れない分厚い本があるな、と思ったら、、、
「ジェームズ・アンソール」の画集を発見!

近代ベルギーの画家であるジェームズ・アンソールは、
独特の表情をしたお面を被ったような顔の人物画を多く描いた画家です。

それにしても今日の東京は天気が良いですね〜
画集をゆっくり観ようと、今スタバでコーヒー買ってきました♡
これからゆっくりと鑑賞タイムです^^

絵画 複製画 アート 名画 アート名画館






☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画 

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan
★★・‥…―━━━―…‥
#絵画 #複製画 #アート #名画 #展覧会 #模写 #油絵

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

油絵って、ガラス板やアクリル板付けないの??
額 アクリル板 油絵


絵画作品の表面には、アクリル板やガラス板がついているのが普通だとお思いですか??

美術館に行ったとき、飾られている作品はどうでしょうか。
アクリル板やガラス板は付いているでしょうか。

実際は・・・作品や美術館によります。
が、しかし、欧米の美術館ではアクリル板やガラス板をつけていない事が多い です。

では実際にルーブル美術館の作品たちがどう飾られているか、ちょっとみてみましょう!

アート名画館 額 ガラス板 アクリル板

かの有名な「モナリザ」はアクリル板をつけているというよりは、作品自体を全体を
ガラスで保護してあります。

アート名画館 モナリザ



しかし、その他の作品はほとんどアクリル板やガラス板をつけていない!!
それが現状なのです。

アートが身近にある欧米。
日本では油絵なんて庶民の生活に馴染みがなく、お金持ちの家にだけ飾られているもの
だという認識がまだまだあります。
日本だと、美術館の入館料も高いですよね。

しかしアートが身近にある欧米では、絵画表面をアクリル板やガラス板で保護せず
そのまま表面がむき出しになって飾られている事が多いのです


それはやはり絵画が生活の身近に有る事。
だれでも気軽に身近に絵画に触れられる状況が昔からずっと続いてきているからでしょう。
美術館の入館料も安いですよね。

アクリル板やガラス板を入れない油絵って、とても味わい深いのです。
油絵の質感を直接感じて頂けることはもちろん、
油絵の具の質感を実際に手で触れて頂けたり、油絵の具の香りまで感じて頂けたりもします。


絵画があなたの手に届くところにある日常。

絵画が身近にある生活。

アートが手に触れられる環境にある。


是非、ご自宅でも油絵を身近に感じてくださいね^^

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画 

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

★★・‥…―━━━―…‥

額の製作現場、大公開します!!
アート名画館



今日は、額の製作現場を大公開します!
本日額の工場に行って来たので、撮りたてほやほやの情報です♪

当店の他のお店さんとちょっと違うところ、それは「額」までもオーダーメイドでお作りしているところです。
既製の額をはめ込むのではなく、額を木材から切って作っています。
そのため、どんなサイズの作品にも合わせて額を作る事が出来るのです。

例えば… 通常のF10サイズ(53.0×45.5cm)よりも、ちょっと原画の比率に近いサイズに変更して欲しいといった作品制作の要望に関しても、もちろんお受け出来ます!
もちろん、それに合わせてオーダーメイドで額もお作りします^^

これが当店の魅力のひとつ!!

絵画作品って、画家が作品を描くときに美しく見える構図や比率を考え抜いて描いています。
その比率を出来る限り崩さないように複製していく、これは絵画作品を味わう上で大事な事です。

それが出来るのはオーダーメイドの肉筆油絵を制作している事、そして額までもそのサイズで製作出来る事、これが欠かせないのです。


アート名画館

↑このようなながーい木材をカットして額を作っています。

お客様それぞれのご注文に合わせて、額も一から製作します。
これぞオーダーメイド作品ですね!!

ご注文時に、「これって出来るのかな?」「こんな要望って聞いてもらえるのかな?」
といった事があれば一度ご連絡ください!
出来る限りご要望にお応え出来るよう画家と製作スタップそして、
運営スタッフ一同、出来る限りの事をさせて頂きます!

無理だろうな、、、と諦める前に一度ご連絡くださいね~^^

ーーーーーーーーーーーーーー

複製画専門店☆アート名画館☆
http://meiga.shop-pro.jp

ーーーーーーーーーーーーーー

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

「フェルメールとレンブラント」17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち
スクリーンショット 2015-11-18 13.33.51

関西在住の絵画ファンの皆さま!
フェルメールレンブラント展」
はもう行かれましたか??

京都市美術館で開催中のこの展覧会

フェルメールレンブラントと言えば、17世紀のオランダ絵画の象徴。
そして女性を多く描いた画家でもあります。

今回はこの豪華な二人の巨匠によって描かれた「婦人像」を中心とした作品を展示。
特にフェルメール「水差しを持つ女」とレンブラント「ベロ―ナ」は今回が日本初公開なのす!


会期は2015年10月24日(土)~2016年1月5日(火)
一度だけではなく、二度三度と通いたくなる展覧会ですね。

関西在住では無い方も、秋の京都観光とともに京都市美術館を訪れてみられてはいかがでしょうか。


フェルメールレンブラント展 公式HP
http://www.mbs.jp/sekaigekijo/

☆京都市美術館HP
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/index.html

フェルメールレンブラント作品の激安肉筆複製画
ーアート名画館ーhttp://meiga.shop-pro.jp



テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

「モネ展」もう行かれましたか???
『睡蓮の池』


モネ展」開催中ですよ!!

サブタイトル「印象、日の出」から「睡蓮」まで、というこの美術展
現在、東京都美術館で開催中です。
今回は、マルモッタン・モネ美術館所蔵の作品を集めたこのモネ展

モネの作品はモネの死後、息子であるミシェルが相続し、それがその後このマルモッタン・モネ美術館に寄贈されました。
その作品が今回日本にやってきています。

中でも晩年の代表作である「睡蓮」はモネを語る上では欠かせない切っても切れない関係です。
一日の中でも、日の当たり具合によって見え方が異なってくる睡蓮を朝から晩まで見続け描き続けたモネ。
その色合いは、繊細で淡く言葉では何とも表現しがたい独特の色合いを放っています。

皆さま、実際にモネの描く「睡蓮」をご覧になった事ありますか??
おそらくモネファンではなくとも、一度は目にされた事があるのではないでしょうか。

私も何度かモネの描いた睡蓮を観ましたが、直島にある地中美術館にあるモネの「睡蓮」をみたときには驚きましたね。
モネの世界に飛び込んだような印象で、引き込まれるというか、そこから動けなくなったのを覚えています。

今回の「モネ展」は睡蓮だけではなく、「印象、日の出」もやってきています。
「印象、日の出」は何と言っても印象派の名前の由来にもなっている作品です。

ちなみに、この作品は一度盗まれて再び戻ってきたという経緯がありましたよね、、戻ってきてくれて本当によかった!!

モネに関して語りだすと止まりません・・・が!とにかく!
「印象、日の出」と「睡蓮」だけは見逃せませんよ〜〜

会期は12月13日までと残り1ヶ月を切りました。
芸術の秋にふさわしい「モネ展」。
まだ行かれてない方はぜひぜひ足をお運びくださいね☆

モネ展」公式サイト http://www.ntv.co.jp/monet/

※「アート名画館」ではモネの作品の激安格安オーダーメイドで複製画を販売しております!
ぜひ美術館のこの感動をご自宅でも^^
http://meiga.shop-pro.jp

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

ルドン【野の花】



オディロン=ルドン

【野の花】


1840年、フランス出身の象徴主義オディロン=ルドン。


この作品では美しい花を色彩豊かに描いているが、当初は、


白黒の版画を利用し、想像力を磨いた。ルドンが色を使い出したのは、


50歳を過ぎてからである。


パステルカラーで描かれているこの作品は、後期に描かれたもの。



ルドンのプロフィールはコチラから


ルドンの肉筆複製画を販売中!
ルドンの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
名画、絵画なら複製画専門の「アート名画館」へ!


テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。