カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裕福な家庭に育った画家は誰でしょう?
今日は「裕福な家庭に生まれた画家たち」特集!です。

画家のあるあるなのですが、裕福な家庭に産まれる画家が多いということ。
それでは早速、どの画家がお金持ち家庭に生まれ育ったのかをみていきたいと思います!!



1)カミーユ・コロー

印象派・バルビゾン派の画家、カミーユ・コロー。パリで織物業を営んでいた家庭に生まれました。
もちろん実家は裕福で、いわゆるブルジョワ階級。
家業を継ぐことを望まれていましたが、画家になる夢を諦められず画家の道へ進みました。


2)ポール・セザンヌ

セザンヌは銀行家の父のもとに生まれ、裕福に育ちました。
法律の勉強をしてほしいという父の意向をもとに、法学部に入学するも
やはり画家への道を諦めきれず、画家になった人物です。


3)エドゥアール・マネ

エドゥアール・マネは父親は法務省の役任、母親は外交官家庭出身という裕福な家庭に生まれました。
しかしマネ本人は画家の道に進みました。
というのも、マネの両親はマネに海兵軍学校へ進学して欲しいと望んでいたため
一度は入学するも落第してしまい、向いてないなと判断されて、
マネ本人の意向を尊重し、画家になることが許されました。


4)アルフレッド・シスレー

シスレーの父親はシルクの貿易商として働いていました。
非常に裕福な家庭だったそうです。
18歳まではビジネスを学んでいたシスレーですが、画家への興味が出て来たため
画家の道へ進みました。


裕福な家庭に生まれると、跡継ぎ問題などが出てきますので、
なかなかスムーズには画家への道は許してもらえないようです。

それでもどの画家も歴史に名を残すほどの立派な画家になりました。
人生、何が正しくてもどう生きるのが良いか本当にわかりませんよね。

自分のやりたいことをやる!という強さを持ち合わせていた画家たちたったのでしょう。


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1011-e47b7221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。