カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本全国が『ルノワール祭り』だ!!
絵画ファンの皆さま!こんにちは^^
今日は月曜日、5月も間もなく終わります。
今月も最後までしっかり楽しんでいきましょう!!

ところで、今日の特集ですが「ルノワール祭」!!!
現在、京都・名古屋・東京の3都市でそれぞれ別のルノワール展が開催されています。

日本列島がルノワールに包まれているといっても過言ではありません(>_<)
そこで改めて、その3つの美術展をおさらいしてみましょう。

ー☆ー京都ー☆ー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
光紡ぐ肌のールノワール展ー
会期:2016年3月19日から6月5日
会場:京都市美術館
公式サイト:http://www.mbs.jp/renoir/

※目玉作品※
ルノワール 昼食後
昼食後

うちわを持つ女 ルノワール
うちわを持つ女

草原で花を摘む少女たち ルノワール
草原で花を摘む少女たち

白いエプロンの少女 ルノワール
白いエプロンの少女
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー☆ー名古屋ー☆ー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影
会期:2016年3月19日(土曜ー8月21日(日曜
会場:名古屋ボストン美術館 
公式サイト:http://www.nagoya-boston.or.jp

※目玉作品※
ブージヴァルのダンス ルノワール
ブージヴァルのダンス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ー☆ー東京ー☆ー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルノワール展 オルセー美術館・オランジェリー美術館所蔵
会期:2016年4月27日(水)– 8月22日(月)
会場:国立新美術館(http://www.nact.jp
公式サイト:http://renoir.exhn.jp


※目玉作品※

ルノワール ぶらんこ
ぶらんこ


ルノワール 田舎のダンス
田舎のダンス

ルノワール 都会のダンス
都会のダンス

ムーランド・ラ・ギャレット ルノワール
ムーランド・ラ・ギャレットの舞踏場

ピアノを弾く少女たち ルノワール
ピアノを弾く少女たち
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

各美術展に展示される目玉作品をざっと並べましたが、
これだけの有名作品が今、同時に日本にあると考えるだけで、どれだけすごいことなんでしょうか!!

上に挙げた作品だけで十分に1つの美術展が出来てしまいそうな程の豪華ラインナップ!
とくに、「ダンス3部作」が全て日本にあるということがすごいです。

ということは、反対に本来展示されているオルセー美術館&ボストン美術館に行かれた方は
この豪華ラインアップを観ることが出来ない・・・
なんて可哀想・・・(T_T)

まぁ「貸し出し中」というのはよく有る事ですからね。
その恩恵を受けた私たち日本に住む者は、ぜひこの機会にしっかりと観ておきたいですよね。

日本でこれほどまでにルノワール展を重ねて開催したのは、何か意図があったのでしょうか。
それともたまたま?なのでしょうか。

話は少しそれますが、今年はイタリアと日本の国交150周年記念の年。
ということで、年初より国をあげてイタリアの画家に関する美術展を日本で開催していました。
「ダヴィンチ展」「ボッティチェリ展」「カラヴァッジョ展」がほぼ同時開催されたのも、これが理由でした。

ではルノワール展の同時開催の理由は何だったのでしょうか。
日本人はルノワールがだいすき!!
ただそれだけの理由だったのでしょうか。

美術展なんて、開催までの誘致などに果てしなく時間と労力がかかります。
開催したいと思ってすぐに出来るわけもありません。
それぞれの美術館が、じっくり時間をかけて誘致した結果だったのかもしれませんね。

とにかく、ルノワールがこんなにまとめて日本で観られる機会は滅多にない!!
ということで、まだ行かれていない方はぜひぜひ足をお運びくださいね〜


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1022-574963f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。