カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
ユトリロの「白の時代」と「色彩の時代」
絵画ファンの皆さま、こんにちは!!

今日は「モーリス・ユトリロ」について書いてみたいと思います。

ユトリロと言えば「白の時代という言葉が出てきます。
白の時代とは、ユトリロが作品の中に白色を多用していた時期の事です。
ユトリロ モンマルトルのミミパンソンの家
ユトリロモンマルトルのミミパンソンの家

ユトリロは、1910年頃から1916年頃まで白色の顔料を多く使って描きました。
漆喰や砂を混ぜて描いていたという情報もあります。

なぜこれほどまでに白色を多用していたかと言うと、
精神的な状態に原因があると言われています。

精神的におかしくなってしまった時期に、精神病院に入院していた時期もありました。
そうした中、異様なまでに白に固執するようになったそうです。
母子家庭に育ったユトリロは、幼い頃一人で漆喰で遊んでいた思い出があるそうです。

母は祖母にユトリロを預けてわりと自由奔放に生活していたそうです。
そんな中寂しさを紛らわすためか一人で遊ぶようになったユトリロ。
その時期を過ぎると10代になりアルコールに依存するようになりました。

精神的にずっと不安定だったユトリロですが、20代になって画家として活躍するようになります。
精神的にはまだずっと安定しないままで、絵画制作を治療の一環としていたユトリロ。
しかし外に出ず、部屋にこもっての制作の中で、精神的におかしくなったりすることもあり、
白色に異様に固執するようになったと言われています。

白の時代は、そういった悲しさがにじみ出た時代だったのかもしれません。

ユトリロ モンマルトルの通り
ユトリロ【モンマルトルの通り】
制作年:1925年

その一方で、1916年以降は色彩の時代と言われ、白以外のカラーも
積極的に使うようになりました。

但し、現在絵画ファンの多くは「やっぱりユトリロと言えば白の時代だ」という人も多いです。
精神的に不安定な状況で一生懸命描かれた作品がユトリロらしい、という事でしょうか。

本記事にあげた2つの画像を見比べてみると、やはり
前者の方が決定的に白が多いなという感じがしますよね。

皆さまはどちらの時代がお好みでしょうか。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1027-6c6e067e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)