カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
印象派展 第1回から8回までのまとめ!
絵画ファンの皆様、こんにちは!
今日のテーマに早速いきたいと思います。

「印象派展」に何回出展したか? に注目してみました。

ご存知の通り、印象派はそれまでのフランスの伝統的な絵画から独立して、
新しい画法で描いた作品を推し進める画派であり、
印象派の作品たちは、これまでの伝統的なサロンでは認められないと批判され
それに対抗するように、印象派の画家たちが印象派の作品を出展し続ける場として「印象派展」が開催されていました。

その印象派展は第1回から8回までありました。
それぞれの画家が、どの回に出展したのかまとめてみましたよ!

<印象派展 出展一覧>
印象派展一覧

私の中で意外だったのが、ベルト・モリゾの出展回数が多いこと!
第4回以外は出展しています。

ピサロがフル出場だということは知っていたのですが、その次の印象としてドガがありました。
ドガも第7回のみ欠席なので7回出展していますが、モリゾもそれと同じ7回出展だったんですね。
知りませんでした。。。

第1回目は誰でも出展できましたので、比較的多いですよね。
その後の開催では、途中の第4回より、ドガが仕切り始めてしまい、
ドガと仲が良くない者は不参加するなどの影響が出て来た時期がありました。

その後の第7回ではちょっとした変化が起こりました。
印象派展の初期メンバーが戻ってきたのです。
シスレールノワールがそうですよね。

こうして印象派展の中でも動きがあり、第8回の最後を迎えるときには
新しい印象派が台頭し、全8回で終了となりました。

次回の記事では、引続き「印象派展」にかんして書いていきますね。
各印象派展での目玉作品などをお届けします!!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1029-1d951f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)