カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏だった画家たち
絵画ファンの皆さま、こんにちは!

画家と言えば”売れない画家”のイメージがありませんか?
画家の中でもすぐに売れ始めるような画家もたまには居ますが、
生涯作品が評価されず、その死後にようやく評価され始める画家もいます。

とくに有名なのがゴッホ
ゴッホは生きている間にその作品は全く評価されませんでした。
その為生活も困窮しており、精神病に悩まされながら生きていました。

印象派(後期印象派含む)の画家の中でも特に貧乏だったのが、セザンヌモネルノワールピサロ等の画家。

セザンヌはパリに出て来て画家を目指して修行していましたが
その生活は困窮していました。
友人で小説家のエミール・ゾラが生活の支援をすることもありました。
ただし、セゼンヌに関しては父親の死去後、その莫大な遺産を手にし困窮から逃れることになりました。

モネも貧しかった画家の一人です。
モネは貧しかった頃に、妻カミーユと結婚し子どもをもうけます。
ただモネには子どもと妻を十分に養うだけのお金はありませんでした。

パリに住み続ける事も金銭的に出来ず、アルジャントゥイユへ転居。
田舎で絵画制作をしながらゆったりと暮らしたそうです。

その後エルネスト・オシュデというモネのパトロンが居ましたが、
その彼が破産によって負債を負い、それから逃れる為に妻子を置いて国外逃亡してしまうのです。
それを知ったモネは、その妻子を養うことにしました。
アリスは後のモネの奥様ですが、この頃は先の奥さんであるカミーユと結婚していました。
カミーユとの間にも子どもが居たモネですので、アリスとアリスの子5人も合わせて養うことになり
合計10人という大所帯を養わなければならなくなりました。
それはお金が必要ですよね・・・


ルノワールも貧しい生活を送りました。
画家として初期の頃、サロンにもなかなか入選せず絵画も売れませんでした。
パトロンも付かない新人画家だったルノワールは、画材も買えない程だったそうです。
1878年に「シャルパンティエ夫人と子どもたち」が評価されたあとは、肖像画の注文が増えてやっと貧乏から抜け出せました。

シャルパンティエ夫人とその子供たち

ルノワールシャルパンティエ夫人とその子供たち
原画サイズ:189×153cm
制作年:1878年 
所蔵:メトロポリタン美術館



ピサロも貧しかった画家の一人。
ピサロはなかなか作品が売れず、他の印象派の画家よりも貧乏生活を続ける事になりました。
印象派で最年長のピサロは、みんなの父親的存在でとても温厚だったと言います。
でも作品は全く売れる事なく、それでも作品を描き続けて全8回開催された印象派展にも全て出展したという律儀な人。
だからこそ貧しくても慕ってくる後輩画家たちがいて、楽しく生活出来ていたのかもしれません。
子どもも5人いましたので、生活は困窮していました。



そしてアルフレッド・シスレーも貧乏画家の一人。
シスレーは生きている間に自身の作品が評価される事はありませんでした。
評価されなかったため、売れない画家として活動し続けました。
当然お金も思うように手に出来ません。
貧乏生活が続く中でも明るい作品を沢山描き続けた事は素晴らしいと思います。


多くの印象派の画家が貧しい生活を送っていました。
そんな中でも売れていく画家もいれば、生涯売れずに終わってしまう画家もいます。
それでも描き続けたからこそ、今この時代に有名な画家になっているのでしょう。
続ける事が大事!ですね。
☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1040-973a3ed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。