カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この作品は夜の風景か、それとも朝の風景か・・・
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は絵画の不思議に迫りたいと思います。

絵画って解釈が難しいときがありますよね。
朝の風景だと思っていたら、夜だった・・・とか。
昼か夜かわからない作品ってあるんですよね〜

有名どころの作品でいくと、モネの「印象、日の出」です。
モネ「印象 日の出」は本当に日の出なのか、それとも夕陽なのか
という議論が当初なされたそうです。
今でこそタイトルに「日の出」と書かれていますが、それを断定するまでには
いろんな研究者が検証した結果、日の出となったそうです。
たしかに作品をパッとみるだけでは、日の出なのか、間もなく沈もうとしている夕陽なのかが分からないですよね。

印象、日の出 モネ
モネ印象・日の出
制作年:1872年
原画サイズ:63×48cm
所蔵:マルモッタン美術館

何年も前に描かれた絵画作品に対して、それがいつどういう状況で描かれたのかをキチンと検証するのは難しい事だと思います。
絵には、説明書きがありません。
それを見た人によって捉え方が違ってきます。

悲しそうな絵だと感じる人もいれば、明るい雰囲気の絵だと感じる人もいる。
絵画に正解はありませんが、画家が何を意図して描いたのかは気になるところです。


もう1点、作品をご紹介します。

オーヴェールの教会 ゴッホ
ゴッホオーヴェールの教会
制作年:1890年
原画サイズ:93×74.cm
所蔵:オルセー美術館

こちらの作品は、私は勝手に「暗い夜」だと思い込んでいました。
しかし、この絵は昼の絵らしいですね!!!
最初それを知ったときにはびっくりしました。
この頃のゴッホは精神的にも病んでいた頃で、心の闇や不安が作品に投影されて
このような暗い作品になったのではないかという人もいます。

しかしこれも真相は定かではありません。
心の闇を抱えたゴッホが、その為にこのような暗い絵を描いたという事が正しい答えなのかどうかは、
その時のゴッホに聞いてみなければわかりませんよね。

その作品が描かれた当時、画家がどう思って描いたのか、何を伝えたくて
どんな意味を込めて描いたのか。
それがハッキリとわかれば面白いのですが・・・
逆に、それがハッキリと分からないからこそ、絵画の裏に秘められた画家の想いを私たちひとりひとりが探りながら作品を観るのも面白いですよね!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1047-4e93030a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。