カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
シュザンヌ・ヴァラドンと関係があった画家たち
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日のテーマは「シュザンヌ・ヴァラドン」です。

彼女の名前を聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。
有名モデル?画家ユトリロの母?それともロートレックの元カノ?画家?
いろんな一面を持っているシュザンヌです。

実は、シュザンヌという名前ですが、ロートレックが最初に「シュザンヌ」と呼びはじめました。

10代の頃はモデルとして、モンマルトルに集まる画家たちのモデルを沢山つとめました。
なかでも有名なのが、ルノワールの「ヴージヴァルのダンス」のモデルです。

ブージヴァルのダンス ルノワール
ルノアールブージヴァルのダンス
所蔵:ボストン美術館
制作年:1883年
原画サイズ:181×98cm

ルノワールとはシュザンヌが16歳の頃、愛人関係にあったとも言われています。

シュザンヌはモデルそして画家として一生を生きる事を決めます。
18歳の時、のちに画家となるユトリロを身ごもりましたが、それが誰の子かも明かしませんでした。
その頃モンマルトルに沢山の画家が集まっており、そのなかでシュザンヌは大人気でした。
一体、誰の子だったのか・・・

そんな謎は放っておいて、シュザンヌはモンマルトルで大人気のモデルとして、そして画家として
そして女性として生きていきます。子供を育てる事や母として生きる事に興味がなかったのかもしれません。
子育ては実母に任せっきりだったそうです。

子供(ユトリロ)が産まれたあと1886年頃画家ロートレックと3年間付き合っていたことも。
ロートレックはシュザンヌがあまりにも身勝手で女性として愛想をふりまきすぎているのが許せなくて3年で別れたそうです。

ロートレック 洗濯女
ロートレック洗濯女】 
制作年:1884年 
原画サイズ:93×75cm
所蔵:個人所蔵

この作品に描かれている女性がシュザンヌではないかと言われています。
洗濯女は当時人気のあった画家のテーマです。

月日は流れシュザンヌが44歳のときに、ユッテルという画家との恋愛が始まります。
ユッテルはシュザンヌの息子ユトリロの友人でした。
ユトリロが友達として連れてきた子と恋に落ちる。なんという母親。
その恋もいずれは終わってしまうのですが、恋愛中はユトリロも其の様子を見ながら一緒に過ごしていたので
非常に複雑な想いを持ち続け、同時に孤独感も感じ
気持ち的に病んでいきました。
その病んだ気持ちを払拭するためにアルコールに溺れました。
ユトリロも可哀想な子だったのかもしれません。
その悲しさが作品にも表れているようです。

ドゥーユ村の教会 ロートレック
ユトリロドゥーユ村の教会
1912年 原画サイズ(69×52cm) 
所蔵:個人

エドガー・ドガは画家としてシュザンヌのことを評価していました。
ドガのもとで絵画と版画を学んでいた時期もあります。

シュザンヌは一体どれだけの人と関係があったのでしょうか。
息子ユトリロがアルコール依存になるのも少しわかるような気がします。
最後まで女として生き続けたシュザンヌ。
たくさんの画家たちに描かれてきたシュザンヌ。
それも一つの生き方、彼女が貫いた生き方ですね。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1053-109404e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)