カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西洋絵画の時代のながれ【まとめ】
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は少しだけ堅苦しいお勉強です笑

絵画の歴史を、時代の流れに沿ってみてみよう。
という企画です。

画家を知る時に、この画家はバロック期の画家だとかロココの画家だとか
そういう事まで気にしていらっしゃるでしょうか。
そしてダヴィンチ等の画家が活躍したルネサンス期から始まる全体的な流れを把握されていますでしょうか。

今日は8月最後の1日。
しっかりと、かつ簡単に夏休みのお勉強をしましょう!
※簡単に説明する為に、細かな画派は省略しています。おおまかな分類になっております。


【ルネサンス】15-16世紀

→宗教画がメイン

イタリアローマの芸術です。
キリスト教の宗教画がよく描かれていました。
宗教をテーマとしてその中の肉体を美として描くことがメインテーマでした。

主な画家:ボッティチェリダヴィンチミケランジェロラファエロ

ベルヴェデーレの聖母 ラファエロ

ラファエロベルヴェデーレの聖母





【バロック】17世紀

装飾を派手に施したような強い印象の作品。
カラヴァッジョやレンブラントやルーベンスが描く派手で豪華めかつ黒い背景の作品が特徴です。
多くの作品が黒い背景なのも特徴です。

主な画家:ルーベンスフェルメール

ルーベンス 花輪の聖母
ルーベンス花輪の聖母




【ロココ】18世紀
ロココは金色の豪華な調度品をイメージされると分かりやすいかもしれません。
きらびやかなシャンデリアのような、いかにも宮殿!の雰囲気です。
フラゴナールの作品に代表されるように、薄いヴェールに包まれたような雰囲気かつ
バロックよりも繊細に描きこまれた作品が多いです。

主な画家:フラゴナール

ぶらんこの絶好のチャンス フラゴナール

フラゴナールぶらんこの絶好のチャンス




【新古典主義】18世紀中頃-19世紀
それまでのバロックやロココに反発する形で、より荘重な雰囲気を出したいという画派。
フランスではなく、ギリシャ古典を尊重して描かれています。
これまでの時代の派手な作品を離れ、古典的な印象の作品が多くなります。

主な画家:アングル

アングル 泉

アングル




【アカデミック】19世紀
フランスの芸術アカデミーを模範として描かれた絵画。
アカデミーというだけあって、学校で習うような模範的な作品が多いです。
きちんと描かれた雰囲気がある作品です。
作風は攻めというよりも、伝統的できちんとした雰囲気があります。

主な画家:ブグロー

ブグロー 百合の聖母マリア
ブグロー百合の聖母マリア(The Virgin of the Lilies)】




【ロマン主義】18-19世紀前半
イギリスやフランス、そしてドイツで起こった社会に反発する運動をもとに
描かれた絵画を言います。
国も違えば、テーマもバラバラ。
ただ自分の欲や主張はこれだ!というのを表現した作品です。
”個”が強いという特徴があります。
その為各画家によって描かれているものは違い、ロマン主義だからといって
作品の統一感はありません。

主な画家:ターナードラクロワ

ターナー 大運河ヴェネチア
ターナー大運河、ヴェネチア




【印象派】19世紀後半
見た物をその印象で描く印象派。
葉っぱの1枚1枚までをきちんと描写するのではなく、全体的にまとめていく感じ。
そのとき見た様子を瞬時に描きとめるという事をメインの目的としていますので、
ざっと雰囲気を捉えるように描くのが特徴です。
外の光を取り入れた明るい雰囲気も特徴。

主な画家;モネルノワールピサロ

睡蓮 国立西洋美術館 モネ
モネ睡蓮】※国立西洋美術館蔵




【ポスト印象派(後期印象派)】1880年代
印象派の画家たちが沢山活躍したあと、その後の時代にフランスで活躍した画家の総称です。
印象派の画家たちとも実際に関わりがありました。
時代的には印象派の画家とかぶるか、その後になりますが
作風は印象派とは異なるという事で、ポスト印象派という呼び名になりました。

主な画家:ゴッホゴーギャンセザンヌ

ゴッホ 夜のカフェテラス
ゴッホ夜のカフェテラス




【象徴主義】19世紀末-20世紀初め
見たままをきちんと描くのではなくて、その観念や内に秘めたものを象徴として描いた画派。
パッと見ただけでは何を表しているのかわからない作品も多い。
内の世界を独特な雰囲気で表して描かれている作品です。

主な画家:クリムトカンディンスキー

Squares with Concentric Circles カンディンスキー
カンディンスキーSquares with Concentric Circles



以上となります。
だいたいの流れをつかんでいただけましたでしょうか。

絵画の歴史には流れがあります。
流れや時代背景等がわかると、余計に絵画の描かれた意味も分かりやすくなります。

今日、一度おさらい出来て良いきっかけになったのではないでしょうか。
みなさま、明日からの9月もがんばっていきましょう!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1055-fa0a2ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。