カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラファエロは良くも悪くも”お手本”のようだ
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日はルネサンス美術のラファエロについてのお話です。

皆さまは巨匠ラファエロに関して、どのようなイメージがあるでしょうか。
真面目!?古典的!?聖母子!?いろいろあるかと思います。

ラファエロは1483年生ー1520年没。37年というとても短い生涯でした。
そんな短い間に芸術界に残した功績は大きすぎます。

ラファエロの技術力は完璧!だとされるほど、ラファエロの絵画には隙がありません。
絵画制作技術が高く、完璧に教科書のように、ある意味”堅苦しく”作品を仕上げてくる感じがあります。

ときに流行も取り入れて、その時代に流行っていた円形の作品を制作したり、
先輩方の技術を取り入れて描いてみたり・・・
なんて言うんでしょうか、個性が無い!?と言えるかもしれません。

その技術力の高さゆえ、「お手本」として以降の画家の手本になりました。
が、反対に19世紀中頃には「ラファエル前派」という画派も出てきました。

ラファエロの良くも悪くもすごく古典的なお手本通りの描き方は、
個人的な思想や想いが入っていない!と反発したのが「ラファエル前派」です。
アカデミーの古典的な描き方はまさに教科書。
それを打ち破り、ラファエロの時代より前の時代に戻ろう!としました。
その方が自然を描く事が出来るからです。

その代名詞として名前を挙げられたほどのラファエロ。
いかに教科書的か、古典的かがわかります。

カウパーの小聖母子 ラファエロ
ラファエロカウパーの小聖母子
1505年
59.5×44cm
ワシントン・ナショナル・ギャラリー


たしかに、ラファエロの作品は遊び心や新鮮さや目新しさには欠けるのかもしれません。
言われた事をそのまま作品にする事が出来る。
その技術力には脱帽です。
でも・・・個性が無い!思想がない!
そう言われれば、そうなのかもしれませんね。

でも、やっぱりきちんと作品に出来る技術力は脱帽ですよね。
だからこそ後世に名を残す事が出来たのでしょう。

ラファエロ先生の素晴らしさ。
あらためて実感しました。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1056-58a8866e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。