カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
レンブラントの「夜警」から見る不思議
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は前回の続き、レンブラントの夜警にまつわる疑問などをお伝えします。

ーーーーーーーーーーーーーー
レンブラント・ファン・レイン
1606年-1669年
オランダ出身
ーーーーーーーーーーーーーー


夜警 レンブラント
レンブラント夜警
サイズ:363×437cm
制作年:1642年
所蔵:アムステルダム国立美術館

レンブラントは、当時流行した集団肖像画をよく描きました。
前回の記事でも紹介した通り、集団肖像画の制作費は描かれた人の各人で割り勘をしていました。
その為、描かれる面積や大きさは均等で平等でなければいけませんでした。

しかしレンブラントに限ってはその暗黙の了解を破る個性を発揮。
平等でなければいけない顔の面積が、他の人の腕によって隠されて描かれている!
着ている服のレベルが明らかに違う!
作品の中で目立っている人とそうでない人が明らかだ!

などなど、普通ではない集団肖像画の描き方をしていました。

比較のため、他の画家が描いた集団肖像画を見てみましょうか。
ヘルスト ビッガー隊長とその団員
ヘルスト【ビッガー隊長とその団員】

みーんな平等ですよね。
レンブラントの作品に比べて躍動感に欠ける・・・
見てすぐわかります。

このあまりにも有名な「夜警」を描いたあと、レンブラントの人生は転落していくのです・・・
まずは妻アスキアが亡くなります。
その後付き合った女性から婚約不履行で訴えられます。
さらに内縁の妻との子供が生まれた後に破産してしまうのです。
最終的に亡くなったときには、共同墓地に埋葬されたという
夜警以降の転落人生は驚くものがあります。


それでも画家として作品を描き続けた事は、やはり画家としての誇りでしょうね。
そしてその転落人生の方が人生経験を存分に作品に乗せることができて
より作品に味が出たという評論家の意見もあります。

レンブラントの画家としてのポリシーは「過去の画家と同じものは作らない」だそうです。
同じような表現を取り入れて描くことはしない。
だからこそオリジナルのものが生まれる。
それが画家としてのこだわりだったのでしょうね。

後にも先にもいない、個性的な画家レンブラントでした。



☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1058-047960e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)