カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
ゴッホ「自画像」を見ていくと…
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は画家ゴッホのお話です。

ゴッホと言えば・・・何を思い浮かべるでしょうか。
沢山の自画像を描いたことでも知られています。
今日はゴッホが描いた自画像のおはなしです。

ゴッホ 自画像

google検索で「ゴッホ 自画像」と入れれば出て来る画像たちです。
どれもゴッホ。
どうでしょうか、どの作品も似た表情をしていますよね。

特徴としてはヒゲがあって、頬が少しこけている男性という感じでしょうか。
描かれた時代はそこまで差がありません。

というのも、ゴッホが画家として生きたのは1882年頃から亡くなる1890年の間。
この間でも自画像を描いたのは1887年から1889年頃に集中しています。
その為表情もそこまで変わらないのですね。

なぜこんなにも多くの自画像を描き残したのでしょうか。
それには理由があるそうです。

まずは、「他にモデルがいなかったから」
友達があまりいないゴッホ。
肖像画を描きたくてもモデルがいない...泣
悲しい理由ですよね、仕方なく自分の顔を描いていたという説。

もう1つの説は、自己研鑽
もし自分の顔が上手く描けたのなら、他の人の肖像画ももっと上手く描けるようになるだろう
という練習の意味でたくさんの自画像を描いたとも言われています。

いずれにしても肖像画はそこまで得意とは思っていなかったのでしょうね。
だからこそ練習を沢山した。そして多くの肖像画や自画像を残した、という事だと思います。

そんなゴッホの自画像を1枚お届けします。

ゴッホ 自画像
ゴッホ【自画像
所蔵:デトロイト美術館所蔵
制作年:1887年

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※上の作品の「自画像」は、現在デトロイト美術館展に出展されております。

《デトロイト美術館展》
公式サイト:http://www.detroit2016.com
会期:2016年10月7日(金)~1月21日(土)
場所:上野の森美術館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1078-d9e2553f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)