カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
題名から勘違い!?レンブラントの気になっている作品
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は前から少し気になっていた事をシェアさせて頂きたいと思います。
まずは作品をご覧頂きましょう。

テュルプ博士の解剖学講義 レンブラント
レンブラントテュルプ博士の解剖学講義
原画サイズ:216.5cm×169.5cm
所蔵:マウリッツハイス美術館
制作年:1632年

この作品、ニコラス・テュルプ博士という人が他の医師たちに解剖学の講義をしている場面、として伝えられていますが
実はこれは講義ではなかった、という説を聞いたことがあります。

題名だけ観ると、大学の講義のように授業が行われているかのような気がしますが
実は講義ではなくて単なる発表イベントのような位置づけだった?そうです。

当時のオランダでは、年に一度解剖学の講義をイベントのように開催していました。
医師ではない人も描かれているのだとか。

この作品の舞台はオランダで、解剖の様子を描いたものということは間違いなさそうですが
実際にこうやって解剖していくのだよという講義をしている様子ではなく、
みんなで集まるイベントの様子を肖像画で描いた、という方が正しいとされています。

小さな違いかもしれませんが、タイトルに惑わされやすい事が多いので気をつけたいなと思いますね。
もっともっと、その絵画の描かれた時代背景とか歴史とかも学んで行かなければいけませんね!


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1079-efb388f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)