カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
印象派の父ピサロも、印象派的な作風ではない時期もあった!
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は印象派の父と言われるピサロに迫りたいと思います。

ピサロは、印象派の画家たちが出展した印象派展の全8回全てに唯一参加した画家です。
そして印象派の中でも最年長だったピサロは、性格も温厚でみんなの父のような大きな存在でした。

ところで、そんな印象派を代表するような画家ピサロですが、
実は最初は作風はザ・印象派!という作風ではありませんでした。
また晩年の作品も印象派を諦めてか、印象派とはちょっと違った作風の作品を描きました。

実際に作品を見てみましょう!


ポール=マルリーのセーヌ河 洗濯場 ピサロ
カミーユ・ピサロ【ポール=マルリーのセーヌ河、洗濯場】
制作年:1872年
原画サイズ:46.5×56.0cm
所蔵:オルセー美術館

第4回印象派展に出展された本作。
印象派のようなぼんやりとした描き方ではなく、わりとしっかりと写実的に描かれている作品です。



ロワイヤル橋とフロール館、曇りピサロ
カミーユ・ピサロ【ロワイヤル橋とフロール館、曇り】
制作年:1903年
原画サイズ:54.5×65.0cm
所蔵:プティ・パレ美術館

こちらは晩年に描かれた作品ですが、こちらもはっきりと風景を描いた作品です。
印象派!という感じとは少し異なります。


「印象派の父」と呼ばれるピサロも、画風に迷走した時期があったんですね。


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/1087-05ef37b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)