カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
ベルト・モリゾ


1841年~1895年 印象派
ベルト・モリゾ(Berthe Morisot)

<年表>

1841年 フランス、パリに生まれる。
1864年 サロン初入選
1874年 33歳のときにマネの実弟ウジェーヌ・マネと結婚、第1回印象派展開催。
1878年 娘ジュリー・マネが誕生
1874年 第1回印象派展に参加
1895年 54歳のとき、肺炎にて死去
-------------------------------------------------------------------------------
ベルト・モリゾは数少ない女性画家で、19世紀を代表する画家である。

度々マネの作品のモデルとなったことでも有名である。 

裕福な家庭に生まれ育ったモリゾは、幼少期から姉エドマと共絵画を学んでいた。

パリに住みながら、セーヌ川沿いのリゾート地で夏のヴァカンスを過ごし、冬は南仏ニースに滞在していた。 

その後、パリに出てからはコローのもとで絵画を学び、戸外でも制作活動を始める。

当時は、女性が美術学校に入学するのは認められておらず、まだ開放的な社会とは言い難い時代

だったが、そのなかでもモリゾは戸外で制作を行うなど、活発に活動していた。

モリゾといえば、エドゥアール・マネと交友が深かったとしても有名である。

マネとの出会いは、1864年にサロン初入選後、ルーヴル美術館で模写をおこなっている

最中にサロン画家アンリ・ファンタン=ラトゥールの紹介で知り合う。 

彼から絵画の画法を学んだり、絵画のモデルを務めたりもした。

恋仲の噂もあったが、結局1874年、33歳のときにマネの実弟ウジェーヌ・マネと結婚し、

4年後の1878年には娘ジュリー・マネが誕生。   

モネ、ルノアール、ピサロ、など後の印象派の画家たちとも交友を重ねるようになり、これらの仲間とグループ展を開催した。

これが1874年に行われた第1回印象派展である。

結婚後も第4回印象派展(1879年)以外の全ての印象派展に参加するなど精力的に作品制作をおこなう。

この7回参加したという記録は、ピサロの全回参加に次いで多い参加回数である。

1895年54歳のとき、肺炎にて死去。

作品の特徴としては、身近な人の肖像画を描いたり、母子の様子を描いたりした女性ならではの

優しい作品が多い。

モリゾの死後、マラルメ、ドガ、ルノワールは16歳で孤児となったジュリーの後見人となる。

------------------------------------------------------

<代表作品>

ロリアンの小さな港
ソファーに座る2人の娘 モリゾ夫人とその娘ポンティヨン夫人
ゆりかご
読書
蝶々捕り
ワイト島のウジェーヌ・マネ
夏の日
ブージヴァルの庭のウジェーヌ・マネと娘
ニースの港
庭のウジェーヌ・マネと娘
立葵
マンドリンを弾くジュリー


ベルト・モリゾの肉筆複製画を販売中!
モリゾの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?

肉筆複製画、絵画、名画ならアート名画館へ!
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/219-79abf20b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)