カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルドン
1840~1916 象徴主義
オディロン・ルドン (Odilon Redon)


<年表>
1840年 4月22日、フランスのボルドーに生まれる。
1855年 ボルドーの水彩画家ゴランのアトリエに通う
1859年 建築の勉強のためにパリへ移住。国立美術学校にも入学するも、古典的な内容に満足せず退学
1865年 パリに出てジェロームに入門。数か月でやめ、故郷ボルドーに戻り銅版画家ブレダンに師事する
1868年 サロン初入選
1872年 夜会の常連となり、画家ラトゥールと知り合う
1878年 オランダ、ベルギー旅行。レンブラント作品を研究。またラトゥールより、木炭素描を石版転写の技法リトグラフを学ぶ。
1879年 リトグラフ集「夢のなかで」刊行
1880年 結婚。最初のパステル画制作
1881年 木炭素描の個展開催
1882年 版画集「エドガー・ポーに捧ぐ」刊行
1886年 第8回印象派展に素描を出品
1887年 陪審員の挿絵として6点素描を描く。その年に転写され、刊行。ブリュッセルの「二十人会」で展示される
1889年 ゴーギャンと知り合う
1890年  次第にリトグラフから離れ、油彩やパステル画に専念し、一気に色彩豊かな作品になっていく
1894年  デュラン=リュエル画廊で大規模な個展
1904年  前年、サロン・ドートンヌ設立に参加し、この年、一室を与えられて、展示。油彩画の「瞳を閉じて」が国家買い上げに。
1916年 7月6日パリにて死去


---------------------------------------------------------------------------

1840年4月22日フランスのボルドーに生まれた。15歳のときにボルドーの水彩画家ゴランのアトリエに通う。


1859年には建築の勉強のためにパリへ行き国立美術学校にも入学するが、古典的な内容に満足せず退学してしまう。


その後パリに出てジェロームに入門するが数か月でやめ、ボルドーに戻り銅版画を本格的に制作し始める。


1868年にはサロンに初入選する。


1878年にオランダ、ベルギー旅行した際、レンブラント作品を研究した。


またラトゥールより、木炭素描を石版転写の技法リトグラフを学んだのち、リトグラフ集「夢のなかで」を刊行した。


1880年には結婚。最初のパステル画を制作。以降、素描を多く描いていった。


1886年には第8回印象派展に素描を出品したが、以降次第にリトグラフから離れ、


油彩やパステル画に専念し、一気に色彩豊かな作品になっていく。


1904年には油彩画の「瞳を閉じて」が国家買い上げになった。


印象派の色彩表現に、惹かれながらも、あえて、白黒の版画を利用し、想像力を磨いた。


ルドンが色を使い出したのは、50歳を過ぎてからである。


1916年 7月6日パリにて死去。

-----------------------------------------------------------------------------

<作品一覧>


野の花


青い花瓶の花


キュクロプス


ペガソス


聖ヨハネ


仏陀




ルドンの肉筆複製画を販売中!
ルドンの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
名画、絵画なら複製画販売の「アート名画館」へ




スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/292-dec89108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。