カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロー 



1796年~1875年 写実主義 バルビゾン派
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
(Jean-Baptiste-Camille Corot)


<年表>
1796年 7月26日フランス、パリに生まれる
1822年、26歳の時、画家の道へ進む。風景画家ミシャロン、ベルタンに師事し、風景画について学ぶ
1825年~1843年 この間に3回イタリアへ旅行。色彩の使い方、光の取り入れ方を学び取る
1827年 サロン初入選。以降、フランス政府により作品を買い上げられることも多くなった。
1855年 パリで開催された万博美術展でグランプリに輝く
1867年 レジョン・ドヌールという上級の勲章を受章
1875年 2月22日死去。


----------------------------------------------------------------------------

1796年7月26日フランス、パリの裕福な織物商人の家庭に生まれたジャン=バティスト・カミーユ・コロー。


幼い頃から画家になることを志していたものの、父親は服地商になることを望んでいたため、


コローが画家になることは反対されていた。


1822年、26歳の時、ようやく父の許しを得て画家を志し、当時、古典的風景画家ミシャロン、続いて、ミシャロンの死後はベルタンに師事する。


ここでは、自然を注意深く観察し、それを忠実に絵画に写し出すことを学んだ。


1825年~1843年の間には、3回イタリアへ旅行に行き、そこで明るい色彩の使い方や、


光の取り入れ方を学び取り、その後の風景画作品にその手法を取り入れた。


1827年には初めてサロンに入選し、1840年からは入賞も多くなっていき、フランス政府により作品を買い上げられることも多くなった。


1855年に開催されたパリ万博美術展でグランプリに輝くと、より一層コローの作品は売れていった。


晩年、コローは、ピサロ、モネ、シスレー等、後の印象派から巨匠と慕われる。


この頃になっても、制作意欲は衰えず、1867年レジョン・ドヌールという上級の勲章を受ける。


彼が描く、銀灰色と緑の調和した森や水辺の風景は詩情に溢れる作風は、


当時の美術愛好家等に人気を博しただけでなく、後の印象派となる面々に大きな影響を与えた。


1875年2月22日死去。


----------------------------------------------------------------------------

<作品一覧>


モントフォンテーヌの想い出
青いドレスの女
マンドリンとジプシー
朝、踊り
木の下の小作農
山羊飼いの人
ノーブルの道
ジェノアの展望
真珠の女




コローの肉筆複製画を販売中!
コローの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画・名画なら肉筆複製画のアート名画館へ




スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/296-a1b08df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。