カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーラ
グランド・ジャット島の日曜日の午後 スーラ
1589年~1891年 新印象派
ジョルジュ・スーラ (Georges Seurat)


<年表>
1859年 フランス、パリの裕福な農家に生まれる
1878年 パリの国立美術学校に入学
そこでアングルの弟子レーマンから古典派的な画術をを学ぶ。
1881年 ドラクロワの画風の研究をする
1883年 デッサンがサロン入選
1884年 サロンに落選。この後から点描で作品を描くようになる
1885年 ピサロやドガと知り合う
1886年 第8回印象派展に出品した「グランド・シャット島の日曜日の午後」が大きな話題を呼ぶ
1887年 ブリュッセルの前衛的なグループ「20人会」の展示会に出品
1888年 第4回アンデパンダン展に出品し、成功を収める
1891年、ジフテリアにより31歳で死去


----------------------------------------------------------------------------


1859年にフランス、パリの裕福な農家に生まれる。


幼い頃から絵画に興味を持っていたスーラは、美術館で模写したりして技術を習得していた。


1878年にパリの国立美術学校に入学。


そこでアングルの弟子レーマンから古典派的な画術をを学ぶ。


1881年頃には、ドラクロワのロマン派的な作風や、コローのバルビゾン派の作風、


そしてピサロなど印象派の作風に惹かれ、それらの作品を独自に研究した。


1883年にサロン入選するが、このときはまだ点描で描いた作品ではなく、白黒のデッサンだった。


1884年のサロンには落選してしまう。しかし、このときに新印象派のポール・シニャックと出会い独立派を設立し、この時から点描で作品を描くようになる。


1885年にはピサロやドガと知り合う。この頃出会ったスーラ、シニャック、ピサロは皆、


点描で絵を描く「点描派」と呼ばれることもあったが、本人たちはそう呼ばれることを望んでいなかった。


「色彩光線主義者」と称していた。


その後、1886年の第8回印象派展に出品した「グランド・シャット島の日曜日の午後」が大きな話題を呼んだ。


この作品は、色彩理論、光学理論を徹底的に学んだスーラが作品にそれを表したもの。


1891年、ジフテリアにより31歳で死去。


----------------------------------------------------------------------------

<作品一覧>


グランド・ジャット島の日曜日の午後


アニエールの水浴


サーカス


サーカスのパレード


シャユ踊り


ポーズをとる女たち


化粧する若い女




スーラの肉筆複製画を販売中!
スーラの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
名画、絵画なら複製画専門の「アート名画館」へ



スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/298-b2b9f09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。