カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーベンス













1577年~1640年  フランドル・バロック美術
ピーテル・パウル・ルーベンス (Peter Paul Rubens)


<年表>
1577年 6月28日ドイツ西部のジーゲンに生まれる。法律家である父がドイツにいたためそこでしばらく過ごす
1587年 父、死去
1588年 故郷アントワープへ戻る
1590年 生活のためラテン語学校を中退
画家の道を究めるため、フェルハーヒト、アダム・ファン・ノールト、ファン・フェーンの3人に師事する。
1600年 イタリアに行き、ミケランジェロやラファエロなどのルネサンス芸術や古代美術を学ぶ
1600年 マントヴァ公の宮廷画家となる
1606年 ローマの重要な教会のサンタ・マリア・イン・ヴァリチェラから、メインの祭壇画の注文を受ける
1609年 イタリアから帰国後、当時アントワープを統治していたネーデルランド総督アルブレヒトの宮廷画家として仕える
1609年 オランダとスペインの間に休戦協定が締結される。このため、絵画の需要が徐々に増加し多くの作品を制作した。
1609年 イサベラ・ブラントという女性と結婚
1626年 妻が流行性の病気により死去
1620年代 イザベラ大公妃、ルイ13世の母マリー・ド・メディシス、フェリベ4世など当時の権力者とも親交を深める。
1621年 オランダとスペインの12年間の休戦協定が失効。
1621年  宮廷画家として仕えていたアルブレヒト大公が亡くなり、大公妃ひとりでの統治のもと、外交官として活躍。
1628年 マドリードのスペイン宮廷に派遣される。
1630年 イギリスから帰国後、53歳で再婚。妻は16歳のエレーヌという女性
1635年 ブリュッセル郊外に、家を購入
1640年 死去


----------------------------------------------------------------------------

1577年6月28日に、ドイツ西部のジーゲンに生まれる。画家そして外交官として活躍した。
父親が法律家でドイツにいたためドイツでしばらく過ごす。
1587年ルーベンスが10歳のときに父親が死去し、翌年1588年にアントワープへ戻った。
父親が亡くなり、生活が豊かではなかったルーベンスは、1590年には生活のためラテン語学校を中退せざるを得なかった。
そして貴族の小姓を経て、画家への道を進んでいく。
画家の道を究めるため、フェルハーヒト、アダム・ファン・ノールト、ファン・フェーンの3人に師事する。
特にフェーンのもとで学んだイタリア美術については深い興味を持ち、フェーンのもとで助手を務めていた1600年から1608年までイタリアに行き、ミケランジェロやラファエロなどのルネサンス芸術や古代美術を学んだ。
このイタリアで1600年にはマントヴァ公の宮廷画家となる。
1606年にはローマの重要な教会のサンタ・マリア・イン・ヴァリチェラから、メインの祭壇画の注文を受ける。
1609年イタリアから帰国後、当時アントワープを統治していたネーデルランド総督アルブレヒトの宮廷画家として仕え、ここで作品を制作して行った。
この頃、オランダとスペインの間に休戦協定が締結されたため、絵画の需要が徐々に増加し、母国にてルーベンスも多くの作品を制作した。
同年、イサベラ・ブラントという女性と結婚する。
しかし、妻は1626年流行性の病気により亡くなってしまう。
1620年代はイザベラ大公妃、ルイ13世の母マリー・ド・メディシス、フェリベ4世など当時の権力者と親交を深め、外交官として国交の正常化に努めた。
また、多くの画家たちの肖像画も描いた。
1621年、オランダとスペインの12年間の休戦協定が失効し、この年に宮廷画家として仕えていたアルブレヒト大公が亡くなり、それからは大公妃が一人で統治していたが、ルーベンスにいろいろと相談していたという。この頃は外交官としての活躍が多かった。
1628年、マドリードのスペイン宮廷に派遣される。
1630年にイギリスから帰国してからは、ゆっくりと余生を過ごすことになる。そしてこの年、53歳で再婚する。妻は16歳のエレーヌという女性だった。
1635年にはブリュッセル郊外に、家を購入する。
そして、1640年、63歳で死去。
ルーベンスの紹介において欠かせないのが、物語「フランダースの犬」である。
主人公ネロが、アントワープにあるノートルダム大聖堂にある2対の絵をどうしても見たかった。
その2対の絵というのが、ルーベンスが描いた「キリストの昇架」と「キリストの降架」というマリア様を描いた作品。
物語の中では、この作品を見るのに金貨が必要だったが、金貨を持っていないネロは見れなかったというシーン。

----------------------------------------------------------------------------

<作品一覧>

サムソンとデリラ

ミネルヴァに扮したマリー・ド・メディシス

エレーヌ・フールマン

パリスの審判

マリー・ド・メディシスの生涯

メデューサの頭部

レウキッポスの娘たちの略奪

花輪の聖母

我が子を喰らうサトゥルヌス

楽園のアダムとエヴァ

三美神

自画像

麦わら帽子の女



ルーベンスの肉筆複製画を販売中!
ルーベンスの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画なら、複製画販売の「アート名画館」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/299-eb95357a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。