カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
レンブラント
レンブラント「自画像」
1606年~1669年 
レンブラント・ハルメンス・ファンライン(Rembrandt Harmensz van Rijn)

<年表>
1606年 7月15日オランダ生まれ
1620年 14歳でライデン大学への入学を許可されるが、入学せず
1621年 ヤコブ・ファン・スワネンブルフに弟子入り(3年間)
1624年  歴史画家ペーター・ラストマンのアトリエで修行(半年)
1631年 故郷のライデンを離れ、アムステルダムへ移住
1634年 サスキアという女性と結婚
1639年 現在「レンブラントの家」として美術館になっている豪邸を購入
1642年 妻サスキア死去、その後ヘールチェが乳母となり子供を育てる
1646年 ヘールチェと別れ、使用人ヘンドリッケと交際
1654年 ヘンドリッケとの間に娘誕生
1656年 破産宣告を受ける
1660年 ローゼン運河沿いの家に移住
1669年 10月4日死去


----------------------------------------------------------------------------

1606年7月15日ライデンのウェッデステーグで10人兄弟の末っ子として生まれる。


父は粉引き屋で、当時粉引きやは中流階級に属していたため、一家は比較的裕福な暮らしをしていた。


レンブラントは画家になることへ強い憧れを抱いていたため、14歳でライデン大学への入学を許可されたものの、大学進学はしなかった。


画家になることへの憧れは一向に止まず、彼は当時、画家の最高峰とされていた歴史画家になることを希望。


そして、1621年に念願のファン・スワネンブルフに弟子入りすることとなった。ここで3年間修行し、歴史画家としての基礎を学んだ。


レンブラントの父親は、当初画家になることには反対していたが、レンブラントのこの3年間の頑張りを見て、


アムステルダムの歴史画家ペーター・ラストマンのもとで修行を続けることに同意した。


この頃、彼の作品は受け入られるようになり、次第に肖像画を中心に注文を受けるようになったため、


ここで修行時代に終止符を打ち、故郷ライデンからアムステルダムへ移住することにした。


1634年、レンブラントはサスキアという裕福な家庭の娘と結婚。


ふたりはやがて、現在「レンブラントの家」として美術館になっている超豪邸を購入する。


ここでの幸せな生活はそう長くは続かず、4人いた子供も、3人は幼くして亡くなり、さらに、1642年、


妻サスキアまでも亡くなってしまった。


そこで、ヘールチェ・ディルクスが乳母として子供を育てることになったが、このことが、


町の人たちからの批判のもととなった。


というのも、レンブラントとヘールチェが恋仲にあると噂がたったから。


結局、1646年6月にレンブラントはヘールチェと別れ、今度は使用人ヘンドリッケ・ストッフェルスと恋仲になる。


乳母であったヘールチェにより、レンブラントは婚約破棄で裁判所に訴えられ、年間200ギルダーの支払いを命じられた。


1654年、レンブラントは正式に結婚こそしていなかったものの、ヘンドリッケとの間にコルネリアという娘が誕生した。


レンブラントは、生前は人気画家で弟子もおり、画家としては生活も安定していた。


しかし彼を悩ませたのは女性関係。


女性関係、とりわけ愛人との関係は当時、世間に認められるものではなく、そのためか次第に注文は減っていった。


また、彼は作品代金を不正に請求することもあり、彼に対する評判は悪くなる一方だった。


とうとう1656年破産宣告を受ける。原因は豪邸のローン、収入減など。


家や財産を全て投げ打った後1660年、ローゼン運河沿いの家に移住し、ひっそりと暮らす。


1669年10月4日、アムステルダムで死去。


-----------------------------------------------------------------------------

<作品一覧>
夜景
放蕩息子の酒宴
放蕩息子の帰還
天使のいる聖家族
長老たちに脅かされるスザンナ
聖パウロに扮した自画像
水浴する女
自画像

自画像

自画像
賢者の対話
ユダヤの花嫁
ヤン・シックスの肖像

ホメロスの胸像を見つめるアリストテレス

ベルシャザルの酒宴

ペリシテ人に目を潰されるサムソン
フローラに扮したサスキア

パレットと絵筆をもつ自画像

バテシバ

トビトとアンナ
テュルプ博士の解剖学講義
ゼウクシスとしての自画像
ガニュメデスの誘拐
エマオの晩餐
イサクの犠牲
アムステルダムの織物商組合の見本調査官たち
アトリエの画家
ダナエ
The Music Party
The Jewish Bride
The Ass of Balaam Talking before the Angel
Bathsheba at Her Bath
Nightwatch
Philisopher Reading
Portrait of a Young Girl
Portrait of Hendrickje at Window






レンブラントの肉筆複製画を販売中!
レンブラントの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
肉筆複製画なら絵画・名画販売のアート名画館へ



スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/309-e7871792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)