カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シスレー
シスレー 洪水と小船

1839年~1899年 印象派
アルフレッド・シスレー(Alfred Sisley)

「私は空から描き始める。空は単なる背景ではない」


<年表>

1839年 10月30日フランスのパリに生まれる(国籍はイギリス)
1857年 ロンドンで商売の修業をする(~1861年)
1862年 画家を志望してパリに戻る
1862年 シャルル・グレールの画塾に入る(ルノアール、モネ、ドガ等の画家と知り合う)
1860年代半ば モデルを務めていたウジェニー・レクーゼクという女性と交際
1867年 息子ピエール誕生
1867年 画家コローの弟子としてサロンに出品
1869年  娘ジャンヌ・アデル誕生
1870年 普仏戦争及びパリ・コミューン(労働者階級による革命政府)騒動の為、実家が破産。経済的困窮に陥る。
1871年 パリ・コミューンを避けるためルーヴシエンヌにほど近いヴォワザンへ移住。
その後、アルジャントゥーユ、ブージヴァル、ポール・マルリにも移住。
1874年 熱心な収集家で著名なオペラ歌手であったジャン=バティスト・フォールの招きによりイギリスに滞在(7~10月)
1874年 第1回印象派展に出品(~第3回まで出品)
1875年 モネ、ルノワール、ベルト・モリゾとともに水彩画、油彩画の即売会開催
1889年 11月モレ・シュル・ロアンに移住
1893年 モレ・シュル・ロワンのノートルダム教会を連作で14点描く(~1894年)
1897年 イギリスのコーンウォールでウジェニーとの婚姻届を提出。
1899年 モレ・シュル・ロワンで癌の為亡くなる(60歳)


----------------------------------------------------------------------------

フランス生まれのイギリス人。シスレーは1857年から1861年までロンドンで商売の修業をするが、


1862年には画家を志望してパリに戻る。


同年グレールの画塾に入りルノアール、モネと知り合いになった。


彼らとともに戸外で主に風景画を制作し、1874年の第1回印象派展にも出品している。


シスレーをひと言で言うと、よく「地味」な画家と表現される。ルノワールやモネに比べて地味な存在ではあるが、


村、河辺、田園などの風景画を描き続け、生涯においてその作風は変わることなく印象派の中の印象派とも言われている。


その後、バティニョール派(後の印象派)の中で確固たる地位を確立。


1860年代半ば、シスレーはウジェニー・レクーゼクという女性と交際を始め、晩年に結婚する。


画家仲間ルノワール曰く、彼女はとても繊細な性格で、極めて育ちのよい人とのこと。


彼女は生涯のわたりシスレーを傍らで励まし続けたと言われている。


1870年、普仏戦争、そしてその後のパリ・コミューンにより父親の事業が破綻して一家は経済的困窮に陥った。


パリが包囲されると、シスレーはルーヴシエンヌの方へ移住。この地で沢山の素晴らしい作品を残している。


シスレーは、コローやバルビゾン派の画家たちの作品や17世紀のオランダの風景画などを長い時間をかけて


研究し、1867年にサロンに出品した際は、画家コローの弟子として出品しているほどコローを慕っていた。


穏健な性格からか、評価を得たのは晩年ながら、現在では印象派の画家の中でも決して外せない主要な画家として広く認められている。


作品の大部分はパリ周辺の風景を題材にした穏やかな風景画がほとんど。


初期のころは、ルノワールと親交が深く、作風もなんとなく似ているが、ルノワールが好んだ陽光の溢れる地中海地方の風景の輝きよりも、神秘さと沈黙の方が好きだったようだ。


余談だが、シスレーは大の女性好きとも言われ、女性を見るとじっとしていられなかったという画家仲間からの証言も残されている。



----------------------------------------------------------------------------
<作品一覧>

グランド・ジャット島
・ポール・マルリの洪水
・アルジャントゥイユのセーヌ河
・アルジャントゥイユの広場
・ルーヴシエンヌの庭 ~雪景色~
・朝の日差しを浴びるモレの教会
・モレの教会
・アルジャントゥイユのエロイーズ大通り
・ヴァルヌーヴ・ラ・ガレンヌの橋
・サン・マメスのロワン河畔
・サン・マメスの眺め

・セーヌ河岸のヴァルヌーヴ・ラ・ガレンヌ

・ハンプトンコートの橋の下で
・ポール・マルリの洪水の波止場
・マトラの船着場、モレ・シュル・ロワン
・モレ・シュル・ロワン
・モレ・シュル・ロワンの教会ー雨の朝

・ルーヴシエンヌの庭

・ルーヴシエンヌの初雪

・レ・サブロンの農家の中庭
・洪水と小船
・果樹園
・春の太陽~ロワン河~
日を浴びるモレ・シュル・ロワン
・モレジーの競艇



シスレーの肉筆複製画を販売中!
シスレーの作品を多数取り扱っています。
あなたのお部屋にも名画を飾りませんか?
絵画、名画なら複製画専門のアート名画館へ





スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/315-de39091a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。