カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週は《エドゥアール・マネ》の特集にしてみましょう!
マネ アート名画館 

みなさま、こんにちは!!
昨日はとーっても天気が良かったのですが、今日は曇り空。

そんな日には室内でゆっくり本を読むのも好きです。
今日選んだ本は、これ。
エドゥアール・マネの特集です。

実は私、マネには割と特別な思い入れがありまして、それは中学生の時に好きだった絵画作品がマネの「笛吹き少年」だったのです。
なんてキリッとした可愛らしい男の子なんだろうと思っていました。

そして今になって、改めてマネがこれを描いた事を想像すると
とってもおもしろいなと思っています。


さてさて、改めましてマネについてまとめてみたいと思います。

マネは1932年1月23日にパリで生まれました。
父親は法務省の高級官僚、母方の伯父はスウェーデンのストックホルム駐在の外交官だったそうです。
いわゆる典型的なブルジョワ家庭に生まれ育ったマネ。

父親は司法官だったので、マネにも司法の道へと進んで欲しかったのですが、
母方の伯父に芸術の道へと導かれて、次第に興味を持っていったといいます。

中学生の頃はマネ少年もとっても生意気になってしまい、デッサンの課外授業に出ても
自分勝手に描いていたりと、他の人とは少し変わった様子を見せていたといいます。
そういう風変わりな部分が、将来の画家マネにも繋がっているんでしょうね。
この頃から片鱗はあったようです。

この頃には画家の道へ進む事を決めていたマネ。
父親へは早々と法律の道へは進まないと名言していたそうです。

それですぐに画家の道へ進んだのか?というと、そうではありません。
16歳の時に見習い船員として実習船に乗る船乗りを経験しています。
リオデジャネイロに向かったのですがその航海の約半年の期間、
ブラジルの女性に興味を奪われたと言います。

それが「オランピア」に繋がるのでは?と。
オランピアに描かれている女性は目も黒く髪も黒い女性。
ブラジルで出会った女性がモチーフになっているのではと言われています。

オランピア アート名画館 マネ



また、マネは多くの"海をモチーフにした作品”を描いています。
例えば、、、、

浜辺にて マネ アート名画館

↑マネ【浜辺にて

舟遊び マネ アート名画館

↑マネ【舟遊び

後に書かれたこれらの作品は、16歳のときの航海実習の経験からインスピレーションかもしれませんね!

17歳の時。
マネは研修乗船からパリに戻りました。
その時、ようやく父親に芸術の道へ進むことをOKしてもらえたのです。

ここからは、トマ・クチュールのアトリエへ入りそれから6年間は画家としての修行が始まりました。


ーーーーーーーーー

ところで、ここでちょっと脱線。
トマ・クチュールは当時34歳の画家。
そこのアトリエへマネは入ったのです。

トマクチュールは当時革新的なアトリエで、賞を獲得する事に重きを置いていない教育をしていたのです。
つまり、典型的に賞を獲得する事を目標としていない、ちょっと独自の芸術を追求する道を教えるアトリエだったのです。

そこを選んで入ったマネ。
ということは、結構な大胆な選択だった事は間違いありません。

しかしなぜか後にマネは、このアトリエで学んだ6年間の事を過小評価しているのです。
そしてその時期の作品はほとんど残っていません。
おそらく、、、マネ自身が破棄してしまったのではないか、とも言われています。

ーーーーーーーー

その破天荒な画法はのちに「草上の昼食」や「オランピア」に繋がっていきます。

フランスではルイ14世の時代に「サロン」に出店して賞を獲得する事が流行しており、
その道が王道とされていました。

しかしながらマネはその賞レースとは全く無縁の画家だったのです。

ナポレオン3世が1863年に開催をうながした落選展「サロン・デ・ルフュゼ」にて、
マネの「草上の昼食」が取り上げられたときの事。

二人の正装した男性の横に裸体の女性がいるという奇妙な構図のこの作品は、
不道徳の作品だ!として話題になりました。

一方でその時に賞賛された作品はカバネル「ヴィーナスの誕生」でした。
ヴィーナスの美しい神話的な裸体美が賞賛されたのです。

同じ裸体を描いたものでも正統派の裸体は賞賛されて、マネの奇抜な裸体は酷評されるという結果に。

そういった奇抜な構図を絵画に取り入れるところにも、以前のアトリエの6年間は活きてきているのではないでしょうか。

ーーーーーーーーー


草上の昼食」は、遠近法が使われていないことがポイントです。

ルネサンス以来、西洋絵画では当たり前のように使われてきた遠近法が、マネのこの作品には使われていません。
逆にアカデミックに仕上げるという斬新な作風で、これは新しいマネの特徴と言えるでしょう。

また「ヒエラルキー」が否定している作風であることも特徴です。
ヒエラルキーに関して説明すると、これもまた難しいのですが、ヒエラルキーとは階層のことで
簡単に言うと絵画作品のテーマ別ランキングのようなものです。

歴史や宗教を描いた作品が一番上位で、下位に行けば花の絵や置物などを描いたものになります。

マネの作品では、同一作品の中に花瓶があれば人物も居て、動物までいる、というようなごちゃ混ぜ作品があります。
それがとっても斬新だ!と話題になったのです。

もう一度「オランピア」を観てみましょう!

オランピア アート名画館 マネ

はい!どうでしょうか?
お花に黒猫に人物まで一緒に描かれていますよね。
それが斬新すぎて話題になったのです!

つまり、画家マネはとっても斬新で破天荒な画家だったと言えるかもしれません。
面白い個性的な画家ですよね~




☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/945-d0dd9326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。