カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
今週は《エドゥアール・マネ》の特集ですよ!!
みなさま、こんにちは!

今朝は雨がポツポツ降っていましたが、傘を持っていくのが面倒。(´・Д・)」
めんどくさがりの私にとって、雨はもういや。
傘を持つのが面倒なんですよね〜

天気予報を見ると、午後からは晴れ!
そんな時、あなたならどうしますか???

私は朝の小雨は傘無しでダッシュで駆け抜けて、駅まで駆け込む((((;゚Д゚)))))))

そして今日は、その読みが見事にあたって、ただ今午後15時半、晴れてきましたー!!
ラッキー♪


ところで、ところで、今日もマネの特集の続きを書きたいと思います。
時折作品が像を織り交ぜながら進めていきますよー。
文章だけでは読みにくいですからねw

まずさっそく、1作品目の画像。
今日は花の絵に絞って掲載して行きたいと思います!

グラスに活けたライラック マネ アート名画館

マネグラスに活けたライラック


昨日のブログ記事でも書きましたが、マネはちょっと風変わりで生意気な性格もあり、
結構毒を吐くような発言も多くしていました。

当時は、ローマ芸術が主流で誰もがローマが芸術の中心だと思っていたあの頃、
賞をとったり、作品を出展する為にはやはりローマ芸術の正統派で勝負する事が必須のようでした。

しかしながら、マネはそれにたいしても異論を唱えました。

例えば作品を描くときに、プロのモデルを立てて描きます。
しかし相手もプロ。勝手にきどったポーズをとったりします。

マネはそれにたいしても怒ったといいます。
勝手にきどったポーズを取るな!と。
もっと自然なポーズは出来ないのか?
裸体を描く時にも、なぜ服を全部脱ぐのだ、半分着ててもいいじゃないか、と。

昨日も書きましたが「草上の昼食」は正装した男性二人の横に裸体の女性が描かれています。
そういったナンセンスも、マネはこれが自分の芸術だ!と主張しました。

案の定、そういった破天荒な態度は反感を買い、
サロンからは出展を拒否されたり、多くの人に批判されました。

それでもなお、マネは自信の芸術感を曲げませんでした。

そんなときにマネが言った言葉。

「自分たちはローマに居るんじゃない!ここはパリだ!」

いくらローマの芸術が正統派だとしても、自分の芸術感には反している。
そうではなく、自分がこれまでパリでやってきた芸術が自分の芸術なんだ!

これぞマネのこだわりですよね〜

水晶の花瓶に活けたクレマチス アート名画館 マネ

マネ【水晶の花瓶に活けたクレマチス




そんなマネにも賞賛した画家がいたのです。
それがレンブラントドラクロア

ドラクロアにいたっては、ドラクロア「ダンテの小舟」を模写してよいかという許可をもらいに、ドラクロアに直接会いに行ったそうです。
あの傲慢な態度!?だったマネがそこまでするなんて!!

それに対して、ドラクロアの方もマネの事は気に入ったようで、
たくさんの批判を受けるマネに対して、擁護するコメントを出していたとも言います。

その他にもマネが尊敬していた画家が他にも居ますので、続きは明日書きますね♪

それでは皆さま、良い一日をお過ごしくださいね☆

最後にもう1作品どうぞー!!↓↓

マネ 花瓶のローズとチューリップ アート名画館

マネ【花瓶のローズとチューリップ




☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/946-8b90ad74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)