カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
ボッティチェリ特集2日目!パトロン、メディチ家について

昨日に引続きボッティチェリの特集をしたいと思います。

今日はボッティチェリ展に来る作品をより楽しむために、ボッティチェリの作品制作の裏側と言いますか、隠された背景に迫りたいと思います。

〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜
ボッティチェリ展
会場:東京都美術館
会期:2016年1月16日から4月3日まで
公式サイト:http://www.tobikan.jp/exhibition/h27_botticelli.html
〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜・・〜

初期ルネサンス期を代表する画家ボッティチェリですが、その名声や活躍は決して彼自身だけの力ではありませんでした。
ボッティチェリと切っても切れない関係の「メディチ家」のサポートの実情などを取り上げたいと思います。

ボッティチェリを語る上で書かせない、メディチ家の存在。
メディチ家とは、どんな一家だったのでしょうか


ルネサンス期に活躍したイタリアの資産家で、銀行家や政治家として活躍した一家。とても力を持った一族で、フィレンツェでは支配者として一大勢力を担っていました。
財力もあり、そのお金でたくさんの芸術家たちをサポートしていたといいます。
その恩恵を受けたのが、ボッティチェリ。そしてその他にもダヴィンチミケランジェロのパトロンだったことも知らせています。

薬問屋から商売はばじまり、のちに銀行家としても名声を上げましたが、その政権が長男に移ったときに、奇しくもフランス軍に攻め込まれたときの対処を誤り、メディチ家は市民の怒りを買い追放させられてしまいました。
そのときに所有していた銀行も破綻してしまったといいます。
その後いったんは勢力が衰えたメディチ家ですが、いくつかの戦争や争いを繰り返し、政権が戻り復活を遂げるのです。

ーーーーーーーーーーー

ボッティチェリ ラーマ家の東方三博士の礼拝 アート名画館

そしてこの一家の様子は、昨日紹介しました作品【ラーマ家の東方三博士の礼拝】にもしっかりと描かれています。

ラーマ家の東方三博士の礼拝】は当時の権力者ラーマ氏が依頼した作品。
テーマは東方三博士で、それにメディチ家を重ね合わせて描いた作品。


<メディチ家一族>
祖父;コジモ 

父:ピエロ

長男:ロレンツォ 次男:ジュリアーノ
 

画面、中央右側にいる黒い眺めの髪の横顔を見せている男性、これがジュリアーノです。
メディチ家の次男の彼のイケメン具合はハンパ無く、あだ名は「美しき者」というほどでした。
最後は敵対勢力の暗殺され25歳の若さでこの世を去りました。
明日このブログで紹介する予定の、シモネッタという女性の愛人でした。

作品中央にいる赤い服を着た人物。
これはピエロと言い、ジュリアーノの父です。

聖母から赤ちゃんを受け渡される役目は祖父コジモ。
コジモはメディチ家をビジネスで大きくした人物。銀行業をはじめその他のビジネスで成功をおさめ、貿易業や織物業など様々なビジネスで成功を収めました。

兄のロレンツォは作品左端手前に立っている人物。
この作品が描かれた当時、メディチ家の勢力は最盛期でした。
そのときに当主だったのがロレンツォ。
画家のパトロンとして活躍したのでした。

実は、さりげなくボッティチェリ本人も作品に登場しているんですよ!
お分かりになるでしょうか??
正解は。。作品一番右で目線をこちらに送っている人。
これがボッティチェリなんです。

そして本作品を依頼したラーマ氏も本作品に登場しています!
作品左側中央、やはりこちらに目線を送っている人がいますよね。
それがラーマ氏です。

良く見て行くと、いろんな人が描かれていたり、いろんな事情があってこの絵が描かれた事もわかります。面白いですよね〜

1枚の作品から、時代背景などいろいろな事が分かりますよね。
とっても面白いです!

ぜひこの傑作を見にボッティチェリ展へ行かれてみてくださいね!!
1月16日から場所は東京上野ですよ〜お見逃しなく!

それでは明日も続きを書いてきますね☆


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/957-f7fbd562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)