カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
《元同居人、ゴッホとゴーギャンを比較してみた!》
絵画ファンのみなさまこんばんは☆
今日からは「ゴッホゴーギャン」についての特集ですよ〜

ゴッホとゴーギャンってなんか不思議な関係だと思いませんか?
よく知られているのは、二人は元同居人だと言う事。
あとは二人の共通点と言えば、同性愛者だという事でしょうか。

ゴッホとゴーギャンの関係性が気になったので、今回の特集を組んでみました。

ちょっとその前に、美術展のご紹介です!
2016年4月から「デトロイト美術館展〜大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち〜」
という巡回展が名古屋をかわきりに、大阪、東京とまわります。

アメリカ合衆国ミシガン州のデトロイトにあるデトロイト美術館。
そこからやってくる沢山の絵画作品。

今回の美術展の目玉作品が"ゴッホとゴーギャン”の自画像なのです。
その他にもセザンヌ、マティス、モネなどなど、沢山の有名作品が出展されますが、
今回はまずゴッホとゴーギャンをピックアップしてご紹介です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
デトロイト美術館展〜大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち〜

会場:豊田市美術館(愛知) /会期:2016年4月27日〜6月26日
会場:大阪市立美術館(大阪) /会期:2016年7月9日〜9月25日
会場:上野の森美術館(東京) /会期:2016年10月7日〜2017年1月21日
公式サイト http://www.detroit2016.com
ーーーーーーーーーーーーーーーー


そして「ゴッホとゴーギャン展」という美術展も2016年秋に開催されます。
東京都美術館で2016年10月8日から12月18日までの会期です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「ゴッホとゴーギャン展」
会場:東京都美術館
会期:2016年10月8日から12月18日
公式サイト http://www.tobikan.jp/exhibition/h28_goghandgauguin.html
ーーーーーーーーーーーーーーーー


それでは、ゴッホゴーギャンの話に移りましょう。
ゴッホは、1853年3月30日生まれ、 1890年7月29日没のオランダ人画家。
一方でゴーギャンは、1848年6月7日生まれ、1903年5月8日没のフランス人画家。
ゴーギャンの方が少し早く生まれ、長く生きていますね。
どちらも後期印象派(ポスト印象派)の画家です。

今回のデトロイト美術館展に出展されるゴーギャンとゴッホの自画像です。

ゴッホの肖像画↓
ゴッホ 自画像 デトロイト美術館 アート名画館

ゴッホ自画像
制作:1887年
所蔵:デトロイト美術館


続いてゴーギャンの肖像画↓
ゴーギャン 自画像 デトロイト美術館 アート名画館

ゴーギャン自画像
制作:1893年
所蔵:デトロイト美術館

ーーーーーーーーーーーーーー

私は、ゴッホとゴーギャンという2人の名前を聞くと、耳切事件を思い出します。
それはきっと私だけではないと思います。
実際にゴッホと検索にかけると、続いて予測で「耳切り」と出てきます・・
怖いですね〜

ご存知かとは思いますが、耳切事件はゴーギャンとゴッホが共同生活を送っていた時期、
ゴーギャンがとうとう出て行くと言い出し、それを聞いたゴッホがカーッとなって、
耳を切り落としたという恐ろしい事件です。

この時すでにゴッホは精神的に病んでいたのもありますし、アブサンという精神的におかしくなるようなお酒を飲んでいたため、このような行動に出たのかもしれません。


ところで、なぜこの二人が同居するようになったのでしょうか。

そもそものきっかけとなったのが、ゴッホの「芸術村を作りたい!」という考えから。

当時、画家ロートレックと親交のあったゴッホ。
ロートレックに「バルビゾン派のような画家組織を結成して、新しい芸術組織を作ってみてはどうだ」と提案されました。
それはいいアイデアだと思ったゴッホは、早速画家仲間に声をかけてみました。
しかしながら賛同者はなかなか現れなかったと言います。

そんなゴッホの様子を見かねて動き出したのが弟テオ。
テオがゴーギャンに、ゴッホと一緒に生活をしてくれるよう頼み込んだそうです。

そこまで乗り気ではなかったゴーギャンも、見かねてゴッホの所へ行き、なんと二人の共同生活が始まりました。
その時にゴッホはとってもとっても喜んだと言います。

ゴッホのゴーギャンを思う気持ちはとても大きかったのです。
最初、弟テオがゴーギャンに声を掛け、共同生活が始まると決まったとき、
ゴーギャンの為にあのアルルの黄色い家の壁を塗り替えて、ひまわりの絵を何枚も描いて飾って迎え入れたそうです。


ーーーーーーーーーーーーーー

ここでゴッホとゴーギャンが暮らしていた「アルルのゴッホの寝室」をご紹介!

ゴッホの寝室 デトロイト美術館 アート名画館 ゴッホの部屋

ゴッホアルルのゴッホの寝室
制作:1888年
所蔵:ファンゴッホ美術館


この黄色い家を外から描いた作品はこれ↓
ゴッホ 黄色い家 アート名画館 デトロイト美術館

ゴッホ黄色い家



ゴーギャンの肘掛け椅子 アート名画館 デトロイト美術館 ゴッホ

ゴッホゴーギャンの椅子
制作:1888年
所蔵:ファンゴッホ美術館

ゴーギャンと同居していたときにゴーギャンが使用していた椅子を描いたもの。
椅子の上に立てられているローソクがなんとも物悲しい作品です。

一緒に共同生活しながらも、最初のうちは順調だったのですが、次第に画家としての
それぞれのプライドが出て来てしまい、お互いを尊重する事ができなくなってしまった。
そうやって2ヶ月の共同生活は終わってしまいます。

長くなりそうなので、今日はここまで!
明日は、その後の二人がどうなっていくのかのお話です!


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/967-5c70c317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)