カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
モネ「かささぎ」とか。。冬の絵画特集!!
こんにちは!!
今日もお天気で気分が良いですね〜風が吹かなければ暖かい日差しで気持ち良いです^^

でも、まだまだ冬は続きます。
まもなく2月になりますが、2月といえば一番寒いというイメージがあります。
それを考えるだけで身構えてしまいます。。。

ところで今日の特集は冬の絵画
作品の中でも、風景画には季節を描いた作品も多くあります。
せっかく冬なので、冬をテーマにして描かれた風景画を特集してみたいとおもいます。

モネルノワールシスレーピサロ・・・などの巨匠画描く冬の名画たちのご紹介!!

まずはひとつめ。

モネ かささぎ アート名画館

クロード・モネかささぎ
制作年:1869年
原画サイズ:89×130cm
所蔵:オルセー美術館

まさに全面雪景色の銀世界を描いた作品。
白い雪景色に、かささぎという鳥の黒色が映える作品です。
ノルマンディーのエトルタという海岸地方で描かれました。
雪、雪、雪。かささぎ以外、描かれているものはほぼ雪。
その描写が美しいです。



ルーヴシエンヌの初雪 シスレー アート名画館

アルフレッド・シスレールーヴシエンヌの初雪
制作年:1871-72年頃
原画サイズ:54×73cm
所蔵:ボストン美術館


アルフレッド・シスレーは冬景色を多く描いた画家です。
舞台となったのはフランスのルーヴシエンヌという街。
イヴリーヌ県にある住宅街。
1871年から1874年まで、シスレーはこの地に住みました。
この期間、シスレーはルーヴシエンヌの風景画をたくさん描いています。


実は、ここでおもしろいのがカミーユ・ピサロも同じくルーヴシエンヌの雪景色を描いているのですね。
それがこれです↓


ルーヴシエンヌのヴェルサイユ街道 雪の効果

カミーユ・ピサロルーヴシエンヌのヴェルサイユ街道~雪の効果~
制作年:1869年
原画サイズ:46.3×38.4cm
所蔵:メアリーランド美術学校


ピサロシスレーより先の1868年秋にポントワーズからここルーヴシエンヌに移り、普仏戦争が始まる1870年までと、その後の1871~72年の間、ここで生活しました。
ピサロはここで1872年まで過ごし、その後ポントワーズへ移動し印象派の結成へ至りました。


こういうのってとても面白いですよね!
違う画家によって同じ場所が描かれている。
画家によって描き方も違うし、見え方写り方も異なる。
その画家を通してルーヴシエンヌという街を見るのもおもしろいですね。



ルノアール 冬景色

ルノワール雪景色
1875年 原画サイズ(66×51cm)
所蔵:オランジュリー美術館


続いてはルノワール!!ルノワールも冬の風景画を描いていたんですね〜
ルノワールにしては珍しい風景画です。


実は、「雪景色」を描くことは印象派の画家が力を入れてしていたこと。
だから同じような題材で多くの画家に描かれていたのですね。

ここまでは印象派の画家たちの作品でした。

もう少し、作品をみていきましょう。
ゴーギャンも冬の景色を描いていました!

雪のブルターニュ アート名画館 ゴーギャン

ゴーギャン雪のブルターニュ


ゴーギャンと言えば”タヒチ”を連想しますよね!?
南国の温かな風景を描くゴーギャン。
そのゴーギャンが冬景色とは!?
ゴーギャンは人生2度にわたってタヒチに住みました。
一度目のタヒチ生活が終わってから、二度目までの間はフランスにもどっていたのです。
その時に描かれたのがこの「雪のブルターニュ」です。


続いては、ユトリロ

雪のラパン・アジル ユトリロ アート名画館

ユトリロ雪のラパン・アジル

ユトリロは雪をテーマにした同じような構図の作品を何枚も描きました。
力を入れて制作していたテーマなのでしょうね。
「ラパンアジル」はモンマルトルの丘にある酒場の名前です。
ユトリロといえばモンマルトル!
モンマルトルの街を描き続けた画家です。
雪の日も、夏も秋も、いつもモンマルトルを描き続けました。
冬のモンマルトルは、ユトリロそのもの。
ユトリロは、白色を使って描くのが得意で、白でモンマルトルの町並みを表現したのでした。
ユトリロの白色で表現される雪は、独特の世界観を描いています。


最後に!大御所ブリューゲルの作品。

雪中の狩人 ブリューゲル アート名画館

ブリューゲル雪中の狩人
制作年:1565年
原画サイズ:117×162cm
所蔵:ウィーン美術史美術館


時代は大きくさかのぼって、ルネサンス後期。
農民画家と呼ばれるブリューゲルによって描かれた冬の景色。
ただの風景画ではなく、その時代のその地域を反映した作品です。
猟に山に入る様子を描いた作品。
一方で山のふもとでは人々がスケートに勤しんでいるという図。
猟とスケートという狩りと遊びという正反対のようなものが一緒に描かれているのがとても興味深い作品です。

いかがでしたでしょうか?!
冬をテーマにした作品って沢山あるんですね〜

冬には冬らしい絵画を飾るなんてオシャレな事したいですね☆
では寒ーい冬、あたたかくしてお過ごしくださいね!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/973-aa40bdb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)