カテゴリ

最新記事

プロフィール

アート名画館

Author:アート名画館
絵画ファンのみなさま、ようこそ!
このブログは「有名絵画(アート)の美術館」です!
絵画好きのサワイが旬の絵画情報をお届けします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

PR







有名絵画(アート)の美術館
ゴッホ、モネ、ルノアール、フェルメール、ダヴィンチ、クリムト、セザンヌ、モディリアーニ・・・等の、誰もが知っている巨匠の有名絵画を画像つきで解説していきます。ブログで楽しむ有名絵画(アート)の美術館。アートを気軽に楽しんでください♪
ルノワール展について、昨日の続きです
おはようございます!
今日は快晴(^-^)/ 気分が良いですね〜

ところで昨日のお話、ルノワール展について詳しく見ていきましょう。

まずはおさらい。
2つのルノワール展の概要です↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影
会期:2016年3月19日土曜ー8月21日(日曜
会場:名古屋ボストン美術館 
公式サイト:http://www.nagoya-boston.or.jp

ルノワールの「ブージヴァルのダンス」が名古屋に来ます!
ダンス3部作のうちの1つ、ブージヴァルのダンス。
田舎のダンス都会のダンスも良いですが、やっぱりブージヴァルのダンスもいい!!
ルノワール作品だけではなく、モネ、ドガ、ミレーなどの作品も展示されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ルノワール展 オルセー美術館・オランジェリー美術館所蔵
2016年4月27日(水曜– 8月22日(月曜
会場:国立新美術館
公式サイト:http://renoir.exhn.jp

ルノワール田舎のダンス」「都会のダンス」がそろって来日!
また、「ムーランド・ラ・ギャレットの舞踏場」が初来日!
そして日本でも大人気の「ピアノを弾く少女たち」も展示されるという
豪華絢爛!ルノワール好きにはたまらない美術展です!

ムーランド・ラ・ギャレット ルノワール
ルノワールムーランド・ラ・ギャレットの舞踏場
制作年:1876年
原画サイズ:131.5 × 176.5 cm
所蔵:オルセー美術館

ピアノを弾く少女たち ルノワール
ルノワールピアノを弾く少女たち
制作年:1892年
原画サイズ:116 × 90 cm
所蔵:オルセー美術館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずは名古屋ボストン美術館ですでに開催されている
ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影」から。

今回の美術展は、名古屋ボストン美術館所蔵作品を中心に展示されます。
油絵作品だけではなく、版画や写真の展示もあるそうです。
作品数にして89点。

今回の美術展の趣旨というか、見所になるのが「作品を通して見る近代ヨーロッパ」
作品の中には、当時を反映するような風景や人々やその様子がしっかりと描かれているものです。
それを作品を通して観て頂きたい、という事だそうです。

余談にはなりますが、美術展を観るときに気をつけた方がよいポイントは、
その「美術展のテーマを知る事」そして、「自分なりのテーマを持って観に行くこと」、だそうです。

ただ単に飾ってあるものをサラーっと見るだけではなく、「今日はここに焦点を当てて観に行くぞ!」
という風に 決めて行く方がより楽しめるし、気づきがあるというのです。

今回展示される作品は、もちろんルノワール作品は展示されますが、その他にも同じ印象派の画家であるモネ、ミレードガゴッホ等が描く作品も展示されます。

都市を描くものもあれば、田舎の風景を描くものもあります。
作品を通して、田舎を知ったり、または都市部を知ったり、
何が流行っていたのかを知り、どんな服を来ていてどんな事をしていたのか、など
いろいろ知る事が出来ることでしょう。

それでは今回の目玉作品のご紹介です↓

ブージヴァルのダンス ルノワール
ルノワールブージヴァルのダンス
所蔵:ボストン美術館
制作年:1883年
原画サイズ:181×98cm

ーーーーーーーーー

そして、次は4月末から国立新美術館で開催の「ルノワール展」!
こちらには、上でもお伝えしています通り、田舎のダンス都会のダンスが揃って展示されます!
45年振りに、2作品が揃って来日するようです。

それだけでも豪華なのに、「ムーランド・ラ・ギャレットの舞踏場」が初来日するという見所満載の美術展なのです。

展覧会の構成としては全10章から成っていて、1章はまだ印象派としてのルノワールでない時代の作品、
そして、肖像画かの時代、そこから印象派へとなっていく時期の作品、そして晩年の裸婦を多く描いた時代・・・・と、各時代ごとの作品が展示されています。

ルノワールといえば人物画!という方が多いと思いますが、
風景画をたくさん描いていた時期もありました。
ルノワールが描く風景画の特集がされている章もあるそうです。




国立新美術館で開催の「ルノワール展はルノワール作品だけをぎーっしり詰め込んだ美術展です。
名古屋ボストン美術館の方は、ルノワールとそれに関連した画家の作品も展示されます。

いづれの展覧会もとーっても貴重な作品が沢山展示されます!
貴重な機会ですので、お見逃しなく!!!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan/
ポンパレ店 http://store.ponparemall.com/art-meigakan

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥
スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://artmeigakan.blog90.fc2.com/tb.php/995-d453655b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)